Dubai
アルクオズのアルサーカル芸術地区 http://www.visitdubai.com/ja/articles/al-serkal-district-al-quoz 20160829T113307:636080671873803104 20161026T145529:636130905298545530 ドバイのアートギャラリー 放置されたままの倉庫地区から中東で最もホットな創造性に富んだハブとなったドバイの芸術地区・アルクオズの道のりは長いものがありました。アーティスト、倉庫労働者、 クリエーター、ジム中毒者が寄せ集まった地区は、先端を行くアートイベント、限りなく続くポップアップコンセプト、最先端のギャラリーそして現在では小劇場でさえ整えられています。 発展するドバイで最先端を行く都会派芸術地区

放置されたままの倉庫地区から中東で最もホットな創造性に富んだハブとなったドバイの芸術地区・アルクオズの道のりは長いものがありました。アーティスト、倉庫労働者、 クリエーター、ジム中毒者が寄せ集まった地区は、先端を行くアートイベント、限りなく続くポップアップコンセプト、最先端のギャラリーそして現在では小劇場でさえ整えられています。



中東で一番ホットな新進の地区


アルサーカル芸術地区は、ドバイで最も影響力のある地区の1つとして浮上しました。20軒のアートギャラリーのある小さな倉庫として始まった空間は、アートドバイやアートナイトのような文化的イベントを組み込んだ総括的プログラムを持つ芸術、ファッション、音楽が融合した50万平方フィートの広さの都会的ハブへと姿を変えました。アルサーカル芸術地区の工事完了後、世界的に有名なオランダ人建築家OMAによる レム・コールハース設計の多目的なコンクリートプロジェクトスペースなど94ヵ所以上もの近代空間がオープンする予定です。公開は2017年初旬を予定しています。 




ザ・ギャラリーズ


この地区の主な目的の1つは、この地域の芸術について会話を始めるというだけでなく、ロンドンのショアディッチやマンハッタンのミートパッキング地区のような世界を取り巻く芸術地区で見られるような雰囲気を創造することです。
2008年、アルサーカル芸術地区で最初にオープンしたのはシリア人が経営するアイヤムギャラリーで、この地区が直面する問題に大胆にアプローチを展開した地区で最も活発に活躍しているギャラリーの1つです。戦争やアイデンティティなどの題材に取り組むシリア人アーチストのサポートを受けていることで知られているこのギャラリーは、今年の初旬に2つめのスペースをオープンしています。
ザ・サードラインは、昨年度にニューヨークのグッゲンハイム博物館でイラン人アーティストとして初めてソロ展示会を開いた、モニール・ファーマンファーマイアンの作品を紹介しています。ドバイでオープンした初めてのニューヨークギャラリー、レイラヘラーギャラリーの昨年度のオープニングにも途切れることなく作品が紹介されています。
グリーンアートギャラリーは、中東、トルコ、南アジアそしてその周辺地区からの新進の現代アーティストの作品を揃えています。このギャラリーはこの地区のアーチスト達を積極的に紹介し、ドバイを中東における文化的中心とすることに貢献しています。
この芸術地区の注目に値する新たなキーマンたちを紹介しましょう。地元のカリグラフィティアーティストeL Seed の最初のスタジオEl Seedは、ストリートアートが最高潮に達したことをドバイが評価した印としてオープンされました。その対極にある60年代から90年代のヨーロッパとアメリカのポストミニマルな作品は、ジョンポールナジャール財団でご覧いただけます。 


al-quoz-art-district

コンセプトスペース


芸術とファッションとデザインが路上で出会います。洞察力があり創造性豊かなドバイのエネルギッシュなギャラリー、ザ・カルテルはファッションに焦点を絞った展示会を行い、芸術とファッションの関係性を追求しています。路上のもう一方では、M.A.D. ギャラリードバイが動く芸術とその仕組みを同じく興味深く探究する世界をご紹介しています。
これらのギャラリーに間もなく、着物スタイルのアバヤを扱うChi-KA、そして1月にオープンした北欧のデザインとライフスタイルのブティック、イコンハウスが合流する予定です。ドバイ初のビニール盤専門店、ザ・フリップサイドそして宝石の装飾をオーダーメイドするワークショップ、ザ・ジュエル・テラーは間もなくやってきます。もうしばらくお待ちください。


al-quoz-art-district

グラブ・ア・バイト


年間を通じてこの地区を吸収してしまう数多のポップアップレストランの中で、A4 ギャラリーは無期限営業のカフェと創造性豊かなワークスペースを設けています。コールドプレスドジュースや健康志向のスナックバー、ワイルドとザ・ムーンがこの無期限で営業するカフェに昨今加わり、植物性のローフードの朝食やターメリックラテと一緒にいただく様々なランチをご用意しています。また、アルサーカル芸術地区に近々参入予定をしているのは、栄養価の高い軽食とエクササイズを取り入れたライフスタイルコンセプト、ハピそして「ピープルズキッチン」やエスプレッソのための特設バーに一般的な音楽プログラムを取り入れたコーヒーハウス、ナイトジャーです。中東をテーマにしたミルザムチョコレートファクトリーがお目見えしたら、芸術的なチョコレート製造の一部始終を体感する甘い世界へとご招待しましょう。


al-quoz-art-district

イン・ザ・エリア


倉庫地区には、様々な魅力があります。角を曲がったところには、週末には地元っ子で溢れかえる、コーヒー好きが集まるドバイで有名な トム・アンド・セルジがあります。また、アルサーカルアヴェニューの反対側のストリートには、屋内のトランポリンセンター、バウンスが目に留まることでしょう。そこで子供たちを降ろして、タイムズスクエアにあるロックレパブリックの屋内クライミングエリア、アドベンチャーHQ 、都会派の24フィットネスジムやウェアハウスジムのようなエリア内に数多くある巨大ジムやスポーツセンターへ足を延ばしてみましょう。


al-quoz-art-district
30
Japanese Dubai Corporation of Tourism & Commerce Marketing
おすすめ
ゴールド・アンド・ダイアモンド・パーク ドバイのスーク
素晴らしいものに出逢う
ゴールド・アンド・ダイアモンド・パークを発掘する
ザ・リッツカールトンスパ ドバイのデスティネーションスパ
リラックス、甦る活力
ザ・リッツカールトンスパで活力を取り戻す
ナシミビーチ ビーチ周辺のラウンジ
太陽と星空の下でのお楽しみ 
ナシミビーチでシーンを体験
バトードバイ 注目の食の新トレンド
水上でのお食事
バトー・ドバイでのディナークルーズ
イベント
GITEX ショッパー (秋) 2016