Dubai

掘り出された古代ドバイの貿易の歴史

掘り出された古代ドバイの貿易の歴史 http://www.visitdubai.com/ja/articles/dubai-ancient-history-of-great-trade-economy 20161024T155530:636129213302818163 20161024T155530:636129213307505771 文化と遺産 ドバイにおける主要な考古学的発見により、何千年も前の豊かな文化の存在と高度な文明が都市の歴史が明らかになり、都市の歴史が書き換えられました。 エンプティ・クォーターの端、ドバイの南方約70キロに位置するサルク・アル・ハディドの鉄器時代の史跡は2002年に発見されました。 掘り出されたドバイの歴史、ドバイは世界の主要貿易ルートの一部だった

ドバイは21世紀における世界的経済の拠点です。新しい考古学的証拠はそれを示しています。


ドバイにおける主要な考古学的発見により、何千年も前の豊かな文化の存在と高度な文明が都市の歴史が明らかになり、都市の歴史が書き換えられました。




覚えておくべき点


1. ドバイの鉄器時代の遺物の主要な考古学的発見が都市の歴史を書き換えた。

2. その遺物から、ドバイは古代文明の主要となるメソポタミア、イラン、インダスと貿易を行っていたことが示された。

3. 貿易の発見は文明の転機となった。

エンプティ・クォーターの端、ドバイの南方約70キロに位置するサルク・アル・ハディドの鉄器時代の史跡は2002年に発見されました。

in-article-sarouq-al-hadeed-exterior

10年以上にわたる極めて注意深い目録の作成を経て、ようやくドバイに新設した博物館サルク・アル・ハディド考古学博物館に数多くの発掘した遺物が収納されています。

史跡の発掘調査から出土した遺跡から、ドバイは古代文明の主要となるメソポタミア、イラン、インダスと貿易を行っていたことが分かりました。

in-article-sarouq-al-hadeed-pottery-artefacts2

洗練された金の宝飾品や丹念に作られた金属製のオブジェなどの遺物は、高レベルの産業科学とかなり高度な宗教的信念を示しています。

半島の遊牧民の間で蛇教団が存在していたという事実は、重要な発見の1つとなっています。蛇は受胎と水の象徴、考えようによっては人生そのもの、力の源とさえ考えられていました。この史跡は、ドバイの砂漠が低木が生えた地、あるいは樹木のない大草原で、まだ野生動物達と共に居住し、もっと水が入手しやすい時代であった4千年以上前に遡ります。

サルク・アル・ハディドは銅製錬の中心であり、旅行者の通過点そして季節的居住場でもありました。

数多くの時代を超えた史跡は、ボタ山、製錬の工程で残った金属くずの固化した破片が何千年もの間、腐敗や吹きさらしからずっと守っていました。

スラグの下から発掘された遺物は、銅製や青銅の遺物だけでなく鉄、鋼鉄製の用具、木製のオブジェ、陶器、数珠玉、貝、骨などが発見されています。

in-article-sarouq-al-hadeed-metalworking-exhibition

これらの遺物の形は様々です。氷山の一角ですが、斧頭、矢じり、ナイフ、剣、釣り針、ブレスレット、鍋、短剣が発見されており、その中には金の宝飾品や供物台などもありました。

考古学者にとっては、これらの遺物は鉄器時代の社会、紀元前1200年から紀元前500年の間のアラビア文明の時代を理解する上での手がかりとなりました。

この時代は、より優れた切削工具、武器における新しい冶金技術、人間社会に革命をもたらした発展を生み出しました。さらに農業における新たな慣行、様々な宗教的信念、新らな芸術様式が世界中の鉄器時代の文化を特徴付けていきました。

それは、古代ギリシャが栄え、イランのゾロアスター教が始まり、インド文明の偉大なる作品であるヴェーダとウバニシャッドが創作された時でした。また、青銅器時代のくさび形文字や象形文字の後の記録された時代の始まりでもありました。これらの文字はフェニキア文字が使用された数多くの文化の中で書き換えられました。

考古学者は紀元前1000年以降のアラブ世界においても文明における転機があったと考えています。人口の増加;ラクダの家畜化と水路を使用した灌漑システムやファラジ灌漑システムにより、農業の生産性の改善が始まりました。サルク・アル・ハディド遺跡の遺物は、この地域における鉄器時代についてのいくつかのパズルを紐解く手がかりを与えてくれます。

1つは、水、燃料、鉱石をどのようにして製錬場所に持ち込んだのかという謎です。ボタ山は1.5ヘクタールにも及びますが、それは最寄りの供給場所から約50キロから100キロのところにあります。

テントや小屋がそこで使用されていた可能性があるという形跡以外、人間の居住または貯蔵容量を反映する構造の形跡は全くありません。

しかしながら、現場で発見された井戸は水を供給していた可能性があり、ドバイ考古学部の元ディレクターのフセイン・カンディル博士は、砂漠で最も丈夫な木、常緑のガフ(Ghaf)の木が燃料の源となった可能性があると推測しています。

もう1つ、好奇心をそそる重要なポイントはアラビア半島に存在した蛇教団の特性と関係しています。教団の支えるその「神学」または宗教的信念は分からないままです。分かっているのは、半島のいくつかの史跡が蛇のモチーフを共有していたという事です。

in-article-sarouq-al-hadeed-distant-lands-exhibition

サルク・アル・ハディドの青銅製の蛇の遺物と蛇の絵のついた鍋の発見は、クサイスやマサフィなどドバイの他の鉄器時代の史跡からの情報に加えられました。

カンディル博士は「サルク・アル・ハディドで発見されたのと同じような図像を持つ蛇教団はエジプト、メソポタミア、エラムそして南レバントでもしっかりとに記述されています」と語っています。"

蛇は、受胎、水、土壌、地下水、さらには保護にいたるまで-乾燥した環境における生活の本質を象徴しています。その儀式の重要性はより広い範囲の文化的力を明らかにするものとなりました。

ドバイ市の建築遺産部門のディレクターであるラシャド・ブカシュ氏はこう示唆しています。「おそらく、彼らは蛇を崇拝していたか、彼らを守ってくれる何かとして蛇をみなしていたのではないだろうか」

貿易の規模は陸や海の繋がりからメソポタミア(現代のイラク)、イランまたはインドにおける文明のように、より大きい文明へと繋がっていますが、ドバイやUAEの様々な鉄器時代の史跡はどのようにつながっているのか、未解決の問題となっています。

例として、地中海東部からである可能性が高い木製のオブジェがこの史跡で発見されています。しかし最も重要なのは、古代エジプトを含めた様々な国から45以上の公印があるということです。

最後に、なぜこれほど多くの物が砂漠に残されたのかという究極の問題があります。何かの不幸、環境的なことか、その他の何かが居住地を襲ったのだろうか?そもそも、製錬が始まった理由は何だろうか?

サルク・アル・ハディドは、UAEの副大統領兼首相ならびにドバイの首長であらせられるシェイク・モハメド・ビン・ラシド・アル・マクトゥム殿下がこの地域をヘリコプターで飛行中に発見されました。

この史跡からの主要な遺物は、かつてネックレスの一部であった可能性のある粒上の金製の小さな「リング」です。現在は、ドバイエキスポ2020の公式ロゴ(2020年10月から2021年4月にかけて180か国以上の国々の最高の考察、技術、芸術的試みの集まり)であり、まさにサルク・アル・ハディドの意味にふさわしいシンボルとなっています。

ブカシュ氏によると、様々な金のリングはドバイの鉄器時代の文化について非常に重要な何かを示しているようです。

彼はこう語りました。「彼らは金の使い方、金の溶かし方を知っていた-知識を持つ人々、科学に長けた人々だった」

「非常にシンプルな文化から発展した文化へと成長した種類の文明だったのです。」

38
Japanese Dubai Corporation of Tourism & Commerce Marketing

Booking Widget Title

Hotel Title

Flight Title

おすすめ
ドバイのアップルストア ドバイのショッピングストア
ドバイのアップルストア
ダサカッコイイ
スキー・ドバイ ドバイの素晴らしさ
砂漠でスキー
スキードバイでスラローム
コントワー102 ドバイでブティック巡り
トレ・シック
コントワー102でお買物とドリンクを楽しむ
イベント
ドバイオペラで鑑賞する、レ・ミゼラブル
バンバー・アンド・ザ・ズー ドバイでブティック巡り
ツーインワンのブティック
バンバー・アンド・ザ・ズー・コンセプトでショッピングを楽しむ