Dubai
ドバイの物語 http://www.visitdubai.com/ja/articles/history-of-dubai 20150804T052948 20161108T185404:636142280446157827 文化と遺産

50年にも満たない間に、質素な漁村がどのように世界で最も多忙な都市へと成長したかをご存知ですか?ドバイの歴史をご紹介しましょう。 

質素な海辺の町から近代的な大都市へ

質素な漁村から世界で最も象徴的な大都市へ


今日のドバイの姿であるキラキラと輝く高層タワーが立ち並んだ壮大な砂漠の街 をご覧になると、小さな漁村が近代的な世界へと乗り出した瞬間を想像するのは容易ではないでしょう。1950年代と1960年代の石油の発見がドバイの発展の岐路となりましたが、ドバイには実に何世紀にも遡る豊かな歴史があるのです。


Dubai-history-heritage-sheik-zayed-road-(3) 砂漠地域の古代史

ドバイのルーツは、遥か昔の紀元前3000年へと遡ります。現在ドバイが位置する場所は、かつては広大なマングローブの湿地でありました。紀元前3000年までに、この湿地は干上がり居住が可能な土地となりました。青銅器時代の狩猟を営む遊牧民が初めてこの地域に定住し、紀元前2500年までに彼らは立派なナツメヤシ農園を定着させていきましたが、これがこの場所を農業向けにうまく活用してた初めての例として考えられています。

穏やかな農業が営われていた数世紀の期間をスキップしましょう。西暦500年には、現在は美しい海岸沿いのヴィラがあることで知られているジュメイラが、オマーンと現在のイラクを結ぶ貿易経路を移動するキャラバンの停留地となりました。

ドバイについて書かれた最古の記録は、アンダルシア系アラブ人の地理学者Abu Abdullah al-Bakriが1095年に執筆した「地理学書」に確認されます。ベネチアの真珠商人Gaspero Balbiは1580年にこの地域を訪れ、ドバイ(Dibei)における真珠産業の発展について言及しています。

この地域の住民にとっての生活の糧は、漁業、真珠採り、ボート製造に、貿易商人向けの宿泊施設や食事の提供でした。貿易商人は金、香辛料、生地を販売するためにドバイを経由していましたが、まさに同じ商品を現在のスーク で目にすることができるでしょう。

UAEの歴史における次の節目は、バニヤス族が政治的権力を獲得してアブダビに定住し、ドバイが属領となった1793年です。その後30年ほど政権をめぐる衝突が続きました。この間、この地域は部族間の争いに悩まされ、このことがこの地域を通過する外国の貿易商人をしり込みさせ、経済にも影響を及ぼしました。

今日ドバイ博物館 の敷地として活用されているアル・ファヒディ要塞はこの時期に建築されました。1800年代の初頭、ドバイは城郭都市であったと記録が示しています。 バール・ドバイ側の壁は、アル・ファヒディ歴史地区から始まりオールドスークまで続いています。 デイラ側のアル・ラス地区には壁が巡らされていました。

1820年に英国は地元の支配者と海上の休戦交渉を行っています。このことは貿易経路が開かれ、事業がふたたび繁栄することを意味しています。


Souks in Dubai 漁業、真珠採り、国際貿易

1833年、バニヤス族のマクトゥーム・ビン・ブッティはドバイクリーク の河口にあるシンダガ半島へ彼の民を導き定住し、アブダビからの独立を宣言しました。首長国で大規模なさまざまな変化が起きている現在でさえも、アル・マクトゥーム王朝がドバイを未だに支配しているのです。

アル・マクトゥームのリーダーシップの下、ドバイは繁栄の道を辿り始めました。1894年に外国人定住者向けに免税をするという新たな規制を発令したために、外国人労働者数の上昇につながりました。インドやパキスタンの貿易商人が好機をとらえるために押し掛け、この地域の貿易のをさらに後押しするものとなりました。

この時期はドバイの歴史においてある程度成功した期間ではありますが、依然として漁業、貿易、真珠採りに完全に依存していました。1950年代に日本が人工真珠を発明した際に、この地域の経済の脆弱性が明るみになりました。しかし金融不況は長くは続きませんでした。1966年にドバイの全ての状況が瞬く間に変わったのです。石油の発見です。


近代のドバイ

シェイク・ラシード・ビン・サイード・アル・マクトゥームはドバイ発展への道を築きはじめ、ドバイクリーク付近の小規模の定住者集団から、近代的な港都市で商業の拠点としてドバイを変革させました。

石油に支えられながら、シェイク・ラシードは主要な貿易の拠点となるというドバイの目標を後押しするインフラの開発を始めました。ラシード港、ジェベル・アリ港、ドバイ・ドライドック、ドバイ・クリークの拡張そしてドバイ世界貿易センター は、その当時に成し遂げられた主要プロジェクトの一部です。

石油は供給量が限られているということを常に自覚してきたシェイク・ラシードはドバイを石油に依存させてはいけないと決断しました。「私の祖父はラクダに乗り、父もラクダに乗った。私はメルセデスを運転し、息子はランドローバーを運転している。しかし彼の息子はまたラクダに乗ることになるだろう。」とシェイク・ラシードは語り、石油が限られたものであるということを人々に伝えました。

1971年、この地域の繁栄を守り、新たに発見された広大な富の公平な分配を確保するためにアラブ首長国連邦が成立しました。UAEの成立以降、国家が過去を振り返らなくなったと言えるでしょう。

リーダーシップとビジョンにより、UAEは壮大な建築物と社会的プロジェクトの実現を押し進めることになりました。そして半世紀の間にドバイは爆発的に成長し、現在ではドバイと深い結びつきがあるブルジュ・アル・アラブブルジュ・ハリファ のような、近代に置ける奇跡的な建造物を建築しました。

ドバイの急激な成長において特筆すべき点は、明確なビジョンを持った政府のリーダーシップによって構築されたインフラによって、ドバイは常に繁栄を続けていくでしょう。「不可能とは、できないと考える気持ちに付きまとう迷妄だ」とアラブ首長国連邦の首長であり副大統領、そしてドバイの統治者であるシェイク・モハメッド・ビン・ラシード・アル・マクトゥーム殿下は語られています。 そしてそれが、可能性を信じる精神が宿る、数々のドバイの発展を支えた動機となっているのです。

ドバイへいらっしゃるのは初めてですか?ドバイの 絶対に見逃せないアトラクション をチェックして、街中の 有数のフォトジェニックなスポット でとびきりのセルフィーを撮影してみませんか。

43
Japanese Dubai Corporation of Tourism & Commerce Marketing

Booking Widget Title

Hotel Title

Flight Title

おすすめ
イブン・バットゥータ・モール 買い物狂が集結
ショッピングへの航海を楽しむ
イブン・バットゥータ・モールをめぐる旅
紀伊國屋 ドバイでブティック巡り
文明開化
紀伊國屋で世界の名作を楽しむ
スカイダイブ・ドバイ ドバイでスカイダイビング
ドバイの上空を行く
スカイダイブ・ドバイでスリル感を満喫する
ワン&オンリー・スパ ドバイのハンマーム
くつろぎ、調和、高揚。
ワン&オンリー・ロイヤル・ミラージュ・スパで魂を呼び醒ます
ウエストL.A.ブティック ドバイでブティック巡り
カリフォルニアドリーム
ウエストL.A.ブティックでショッピング