Dubai
dummy-image-2 dummy-image-2

サルク・アルハディド博物館

必見の博物館で歴史が甦ります。ドバイがかつて、アラビア半島における貿易と文明の拠点としての役割を担っていたと証拠付ける現地で発掘された遺物をご覧ください。

サルク・アル・ハディドはこれまでドバイで発見された最古の遺跡です。この遺跡では、ルブアルハリ砂漠で4千年前に存在していた謎に満ちた文明の興味深い詳細が明らかになっています。この遺跡は2002年にアラブ首長国連邦の副大統領兼首相でありドバイ首長のシェイク・ビン・ラシード・アル・マクトゥム殿下がこの地域をヘリコプターで移動していた際に、砂丘の色が周辺より黒くなっていることに気が付かれたことで発見されました。

おもしろ情報: ドバイエキスポ2020のロゴにヒントを与えた金の指輪が発見された場所でもあります。

この新たにオープンした博物館は考古学的発見の謎に満ちた道へと導き、遥か昔の胸躍るような宝物を紹介してくれることでしょう。この遺跡から発見された遺物、金、青銅、鉄そして印象的な900点以上もの埋蔵物をのんびりと散策していただけます。若い来場者の方々は、実際に文化に触れ、壺を繋ぎ直し、動物の骨を組み立てたり専門家の謎解きのお手伝いもできます。

ですから、今週末はソファから腰を上げ、ドバイで最も刺激的な博物館で古代に貿易が行われたとされる地域に関する学説を探究してみましょう。例えば、この文明はどのように終焉を迎えたのか?実際、いつまで彼らはそこに住んでいたのか?この遺跡から彼らが居なくなった原因は何だったのか? 誰にも分かりません。もしかしたらあなたが全ての答えを知ることになるかもしれませんね。

日程

27 Jul - 31 Dec 2019

会場

シンダガ地区

チケット価格

個人: AED 20 7歳から12歳までの子供: AED 10 60歳以上と6歳までの子供:入場無料

入場料

博物館の開館時間:
土曜~木曜-8am-8pm
金曜-4pm-8pm

ソーシャルリンク

ウェブサイト