これがあなたへおすすめの厳選項目です!

アカウントにログインしたり、作成してお気に入りを保存して、あなたに合わせた個別のお薦め情報を受信しましょう。

ログイン登録

ログインして「いいね」する

この内容を「いいね」するためにログインまたは登録

ログイン登録

名所 & アトラクション

ドバイのウォーキングツアーに参加して建築物鑑賞

Thu, July 15, 2021

未来の都市に足を踏み入れ、ダウンタウンドバイに高くそびえる要チェックの建築物巡りをしてみませんか

未来の都市に足を踏み入れ、ダウンタウンドバイに高くそびえる要チェックの建築物巡りをしてみませんか

1

エミレーツ・タワーズの印象的なアングル

dubais-walking-guide-architectural-emirates-towers
ドバイの 個性が光る建築物 ツアーは、おそらくドバイ初であったと思われるアイコニックな建築物の麓から始めるのが良いでしょう。建築家のヘーゼル・ウォンが設計を施し、キラキラと輝く三角形のファザードを擁した エミレーツ・タワーズ(Emirates Towers) は2000年にオープンし、あっという間に世界で最も有名な高層ビルの仲間入りを果たしました。

ウォンは伝統的なイスラムのテーマに着想を得て、ツインタワーの独特の構成と配置を考案し、常に変化しているような認識を生み出そうとしました。このツインタワーはオフィス棟とホテル棟で構成されており、この都市の代表的な小売とダイニングの目的地、 ザ・ブルバードの中央のポディウムで繋がっています。こちらへ戻って、ラ・カンティーヌ・デュ・フォーブル(La Cantine du Faubourg) やニニブ(Ninive)などのレストランでお食事を楽しまれますように、メモを取っておきましょう。

未来博物館で未来像を垣間見る

spy-media-museum-of-the-future
エミレーツ・タワーズ(Emirates Towers)の麓には、ドバイで最も大胆な建築的驚異、未来博物館(Museum of the Future)があります。シルバーを基調としたこの建築物は、空洞のある非トーラス形状をしています。ファザードはアラビア文字で覆われ、建築物の窓の役割をしています。まもなくオープンするこの建築物は、まさに壮大そのもので、ナショナル・ジオグラフィック誌で「世界で最も美しい博物館14」のひとつに選ばれています。未来博物館のデザインを手がけたのは、ドバイの建築業界で長年活躍してきた建築家のショーン・キラです。キラ氏によると、この博物館のデザインは、ドバイの未来像を表現しており、「丘」「構造」「空虚」という3つの要素で構成されています。
2

DIFCのザ・ゲートを歩く

dubais-walking-guide-architectural-difc

メイン通りのロータリーを渡って、直進し、ザ・ゲート・ビルディング(The Gate Building)を擁する ドバイ国際金融センター (DIFC)へと向かいましょう。ザ・ゲートビルの下を歩き、振り返って、ゲートビル中央の空間を額縁にするようにジュメイラ・エミレーツ・タワーズ(Jumeira Emirates Towers)が綺麗にはまった完璧な写真を撮りましょう。ぐっと近づいて、ゲンスラー建築事務所の英知を賞賛しましょう。というのは、金融の拠点を「開門する」という方針をクリエイティブに反映したザ・ゲートは、長寿命化するためにメインアーチに沿って硬い石とステンレススチールを使用しています。一方で、アーチ上方にある開放的なステンレス製の格子は透明性を象徴しています。

次に、カジュアルなカフェを通り過ぎて、 ゲート・ヴィレッジ(Gate Village) (ビルディング3)の入り口を渡りましょう。ここは金融界が高尚な産業界に出会う場所。野心旺盛な投資家が芸術愛好家や美食家たちと社交を楽しみます。これらすべてのシーンを、壮大な近代建築物が取り囲みます。 ズマ(Zuma)、ロベルトズ(Roberto’s)または LPMレストラン でおしゃれなランチを予約したり、 アヤム(Ayyam) や クアドロ(Cuadro) などのアートギャラリーに、ふらりと立ち寄り、この地域最高峰の芸術を観賞してはいかがでしょうか。3月のドバイのアートシーズンの期間中、この地域は都市のエリートたちを惹きつける折衷的なイベントでさらに活気づきます。

この未来的な地区の絶景をご覧になりたい方は、フォーシーズンズ・ホテル・ドバイDIFC(Four seasons Hotel Dubai DIFC)のルナ(Luna)へ向かいましょう。 この素晴らしい ルーフトップラウンジ からはブルジュ・ハリファ(Burj Khalifa) やダウンタウンを一望する眺めをご堪能いただけます。

3

ドバイ・オペラの曲線美に見惚れる

dubais-walking-guide-architectural-opera

ドバイの文化的なエリートたちが集う場所、ドバイ・オペラ(Dubai Opera)を観賞する時間です。アルサーダ通り(Al Sa’ada Street)を出て、エミレーツ・タワーズ(Emirates Towers)メトロ駅へと向かいましょう。世界最長の全自動無人運転システム、ドバイメトロの駅のモダンなデザインを観賞するための時間も少し取りましょう。ブルジュハリファ/ドバイモール(Burj Khalifa/The Dubai Mall)駅で降りて、シェイク・ムハンマド・ビン・ラシッド大通り(Sheikh Mohammed Bin Rashid Boulevard)へと向かいましょう。広々としたパリ風の歩道(ヤシの木の並木道)沿いの散策を楽しみながら、ドバイ・オペラへ到着します。

ジャヌス・ロストックが設計を手がけたダウ船の形をしたドバイを象徴する建築物は、ダウンタウンの都会の中心的存在を確立させました。ブルジュ・ハリファ(Burj Khalifa)の眺めを望む、ドバイ・ファウンテン(Dubai Fountain) の水辺に位置する2,000席を収容できるこの会場では、様々なコンサート、劇、コメディショー、ご家族向けのエンターテインメントが通年開催さています。

4

驚異のブルジュ・ハリファに圧倒される

dubais-walking-guide-architectural-burj-khalifa-2
シェイク・ムハンマド・ビン・ラシッド大通り(Sheikh Mohammed Bin Rashid Boulevard)を右に曲がると、記録破りの ブルジュ・ハリファ(Burj Kahlifa)へ到着します。アドリアン・スミス氏が設計を手がけた世界で最も高層のタワーは、この地域に自生する3つに分葉した ヒメノカリス の花を抽象的にイメージしています。2010年にオープンしたこのタワーは160階以上の構造で、エッフェル塔の3倍の高さを誇ります。

828mの高さのタワーを眺めながら、ゆっくりとくつろげる素晴らしい場所は数多くあり、 スーク・アル・バハール(Souk Al Bahar) の2階にあるレストランなどもお勧めです。ドバイで必見のエンターテイメント、水が踊る ドバイ・ファウンテン(DUbai Fountain)の上演時間に合わせるとなお良いでしょう。 世界で一番高層のビルからドバイの近代的な景色を楽しみたいなら、 アット・ザ・トップ(At The Top)の展望台へ足を延ばしましょう。

5

ドバイ・モールから全てを見よう

dubais-walking-guide-architectural-dubai-mall
ショッピング巡りを休憩して、この街で有名な小売とエンターテインメントの目的地、 ドバイ・モール(Dubai Mall)でお食事をしましょう。毎年、何百万人もの来場者を迎え入れるこのモールは、探索してみたいオシャレなお店が数多く軒を連ねていますが、世界最大のシューズショップ、 レベル・シューズ(Level Shoes)へは絶対に立ち寄ってみたいものです。 この金ピカのスペースには、フィリップ・リム、クリスチャン・ルブタン、アレクサンダー・ワンなどの最新コレクションが並びます。

スケート靴を履いて、ドバイモールG階にあるオリンピックサイズの
 アイスリンク をぐるりと回ってみたり、ザ・ビレッジ(The Village)隣のファイバーグラス製オブジェで圧倒されてみてはいかがでしょうか。また、ちびっ子たちは ドバイ水族館&アンダーウォーター動物園で世界最大の保有数を誇るシロワニ(サンドタイガーシャーク)を始めとした海洋生物を間近で見ることができます。お腹が空いたら、 アル・ハラブ・レストラン(Al Hallab Restaurant)の美味しいレバノン料理に舌鼓をうちましょう
6

ドバイ・ウォーターカナルの新しい水路

dubais-walking-guide-architectural-canal

ドバイメトロのブルジュ・ハリファ/ドバイモール(Burj Khalifa/The Dubai Mall )駅に戻って、ビジネスベイ(Business Bay)駅で降りると、この街の最新スポットのひとつ、 ドバイ・ウォーター・カナル(Dubai Water Canal)へ到着します。 この野心的なプロジェクトは、オールドドバイのクリークの水路をビジネスベイへ、そしてアラビア湾へと延ばし、事実上、同都市の大部分を島へと変えるものです。 駅から滝までの標識に従って進むと、運河沿いの6kmの周遊コースの始まりです。5つの歩道橋に立ち止まって写真撮影をしましょう。各歩道橋には、ドバイのスカイラインや眼下を行き交うボートが眺められる見晴らしの良い場所があります。

夕方にもう一度滝へ戻って、素晴らしいネオンの照明効果を アル・ハブトゥール・シティ(Al Habtoor City) のVラウンジ(V Lounge)の近くで楽しんでみましょう。夜にライトアップされるカナルの美しい景色をご堪能いただけます。カナル駅から フェリー に乗って、水路沿いをゆっくりと進みながら、夕方のひとときを過ごすのもお勧めです。

現代の驚異

ツアーで見学できるもの

title