Dubai

ドバイのフリーゾーン

ドバイのフリーゾーン

ジュベル・アリ・フリーゾーン、ドバイ・エアポート・フリーゾーン、ドバイ・メディカル・シティ、ドバイ・シリコン・オアシスとその他いくつかの専門分野に特化したフリーゾーンは投資を容易にすることを目的として設置され、そのフリーゾーンで投資を行なうための手続きは比較的シンプルです。フリーゾーンは特定の産業ごとに設定され、同業者ごとにまとめられているので、会社運営に必要なインフラを簡単にご利用いただけます。

フリーゾーンがドバイの成長と発展のために設計されているとはいえ、その法的位置は非常に明確であると言えます。フリーゾーン内でビジネスを展開する会社は、法的にオフショアもしくはアラブ首長国連邦外に位置するものとして扱われます。つまりドバイを自らのビジネスにとっての地域的な製造、流通の拠点として利用したいと考えている会社にとって、そのほとんど、もしくは全ての売上高がアラブ首長国連邦外で発生するとしてもこのフリーゾーンでビジネスを行なうことは非常に有益であるということになります。

ドバイのフリーゾーンでは、地域でビジネスを展開する会社にとって重要な経済優位性を得ることができます。具体例としては:


Dubai Airport Free Zone

目的:ドバイ・エアポート・フリーゾーン は、海外および現地企業の化粧品会社から石油供給業者まで、あらゆる企業を取り入れるという課題を掲げ設立しました。ドバイ国際空港に隣接する戦略的で便利な立地にあり、最先端のインフラ、24時間365日対応の税関、迅速な通関、専用の物流センターを備えています。

既に拠点を置く企業は? ボーイング、パナソニック、ロールスロイス、シャネルなどの1,500を超える企業が所在しています。

ドバイ・オート・ゾーン

目的: ドバイ・オート・ゾーン (DAZ) は、買い手、売り手、サービスプロバイダー、企業の代表や貿易業者の方々の自動車産業の需要に対応する包括的な市場です。多目的施設であるDAZは、自動車部門、GCC市場に対応するための特別経済区域、地元市場に対応する小売区域へ外国直接投資を誘致するためのフリーゾーンから構成されています。

既に拠点を置く企業は? ボーイングインターナショナルコーポレーション、アラメックス、エミレーツポストなど400を超える企業が所在しています。

ドバイ・バイオテクノロジー・アンド・リサーチ・パーク

目的: DuBiotechは、極めて重要な施設の提供、インフラへの投資、産業界、教育界、商業および居住地プロジェクトの促進によるライフサイエンス業界全体のバリューチェーンに対応します。このパークでは、増加する一方の研究、開発、製造、流通およびサービス団体を支援するためのバイオ本社タワー、ヌクレオチド研究所コンプレックス、倉庫施設を含む特設施設が合体しています。

既に拠点を置く企業は? DuBiotechは、ファイザー、アムジェン、メルクセローノ、ジェンザイムのような世界の大手企業などを促進しています。

ドバイ・ゴールド・アンド・ダイアモンド・パーク

目的:  ゴールド・アンド・ダイアモンドパーク はドバイ市内を貫通する主要道路であるシェイクザイード通りに位置し、宝石商の要望に対応するために設計された設備を完備する作業スペースを提供しています。118の製造区画と350以上の事務所が入る商業スペースを提供するための拡張計画が最近開始されました。

既に拠点を置く企業は?  90以上の地域および海外の大手宝石小売店が所在しています。

ドバイ・ヘルスケア・シティ

目的: ドバイ・ヘルスケア・シティ (DHCC) は、質の高い患者中心の医療という需要を満たすという課題を掲げ2002年に設立しました。 この施設は、2つのコミュニティからなる地域最大の統合医療フリーゾーンです。その1つは外来クリニック、病院、商用オフィス、小売りサービスから構成される4,100万平方フィートの医療に関するコミュニティで、もう1つは1,900万平方フィートの敷地に計画された健康に関するコミュニティです。

既に拠点を置く企業は?現在、DHCCでは120を超える外来用医療センター、4000人 以上の資格を持つ専門家

が所属する臨床研究室が所在しています。

ドバイ・インターナショナル・アカデミック・シティ

目的:  高度教育に力を注いでいる世界 最大のフリーゾーン、ドバイ・インターナショナル・アカデミック・シティ(DIAC)は、人材の蓄えの開発および知識集約型経済としてのUAEの確立を目的としています。中東における高度教育の最高の目的地として、ドバイ・インターナショナル・アカデミック・シティ (DIAC) は、最先端の施設と知識に関する指導者を備え、1,800万平方フィートのキャンパスに位置しています。

既に拠点を置く企業は? ザイード大学、マードック大学ドバイ、エミレーツ航空大学、リセジョージズポンピドゥ

ドバイ・インターナショナル・ファイナンシャル・センター

目的:  ドバイ・インターナショナル・ファイナンシャル・センターの  自主的な規制、慣習法フレームワーク、支援的なインフラ、税制負担の軽い政治形態は、地域の金融業務に対する急速に高まる需要を企業がうまく活用できる理想的な基盤を築き上げています。このセンターは、事業全般やライフスタイルに関する施設を世界規模の専門家に提供する「都市の中の都市」として機能するよう設計されました。DIFCには英国の慣習法に従う 立法制度 があり、ならびに英国慣習法の自治の一部となるDIFC裁判所 は、このフリーゾーン内での独立した行政および司法の実施の全てに対して責任を負います。

既に拠点を置く企業は?アルフタイム・インベストメント、ブルームバーグ・トレード・グループ・ヨーロッパ、ダマク

ドバイ・インターネット・シティ

目的:  知識集約型経済への移行というドバイのビジョンを前進させる先駆者、ドバイ・インターネット・シティ(DIC) は、技術機関におけるエコシステムの開発に成功しました。最先端の事務所、安定したITインフラ、24時間体制のセキュリティ、小売サービス、資金調達へのアクセス、起業家への動的で魅力的な労働環境を提供しています。

既に拠点を置く企業は?Facebook, Google, Microsoft, LinkedIn.

ドバイ・ナレッジビレッジ

目的:  世界で唯一の人材管理に特化したフリーゾーン、ドバイ・ナレッジビレッジ (DKV) [Dubai Knowledge Village (DKV)]は人材管理に注力しており、最高のコンサルタント、研修、人材開発プログラムを選んでいただける拠点となっています。

既に拠点を置く企業は?ギャロップ、タワーズワトソン、ヘイズ・ヒューイット、イノベイティブHRソリューションズなど500社を超えるビジネスパートナーが所在しています。

ドバイ・ロジスティクス・シティ

目的:  ドバイ・ロジスティックス・シティ(DLC)は、保税およびフリーゾーンを一体化した環境で、軽工業およびアセンブリなどの輸送法、物流、付加価値サービスを取り入れたプラットフォームです。DLCはドバイ・ワールド・セントラル にあり、今後は世界最大の空港となることを見込まれるアルマクトゥム国際空港に隣接しています。

既に拠点を置く企業は?アラメックス

ドバイ・マリタイム・シティ

目的:  ドバイ・マリタイム・シティ(DMC) は、その戦略的ロケーションおよび東洋と西洋双方の輸送回廊への開かれた経路を持つ海運事業の国際的な拠点として役割を果たしています。ドバイクリーク の貿易、社会的精神や名声に着想を得た海洋と商業の結合のシンボルであるマリタイムセンターは、機略に富み、強い決断力と威厳のある豊かなドバイの海運の歴史を祝う調和的な地区を形成しています。

既に拠点を置く企業は? アペックス・グローバル・ロジスティクス、Goltens

ドバイ・メディア・シティ

目的:  ドバイ・メディア・シティ(DMC) は、メディア企業および独立系メディア専門家達へ 企業優先の環境 を提供し、共同的な相乗効果を持つ自由な運営を可能にしました。メディア企業は、完全な事業所有権や非課税所得に人脈作りの機会、会場管理サービス、産業形成プログラムや政府サービスなどの付加価値サービスなどが組み込まれたフリーゾーンの恩恵を受けています。

既に拠点を置く企業は? トムソン・ロイター、レオ・バーネット、CNN、ショータイム、ソニー

ドバイ・マルチ・コモディティーズ・センター

目的: ドバイ・マルチコモディティーズ・センター(DMCC) は、繁栄する商品市場の設立と運営のために必要な実質的な市場および金融インフラの提供を使命とするドバイ政府の戦略的な取り組みとして2002年に設立しました。現在では、許可を受けた1万以上の企業が活躍するUAE最大のフリーゾーンとして公認されています。

ドバイ・アウトソース・ゾーン

目的: 2007年に開設したドバイ・アウトソース・ゾーン(DOZ) ビジネスパークは、ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO),人材アウトソーシング、ITアウトソーシング、事業管理、コールセンター業務への包括的な専用インフラを提供しています。 サードパーティ業者の能力、技術、専門知識を活用することで、費用を抑えながら効率を得たいと考える企業のための基盤を作り上げています。

既に拠点を置く企業は?Du、エミレーツ航空、L&T Infotech、HCL テクノロジー、ジュメイラグループ、アラブ銀行、インテレネット

ドバイ・シリコン・オアシス

目的:  ドバイ政府が完全に所有するドバイ・シリコン・オアシス は、高度な電気通信、バイオテクノロジー、エンジニアリング、航空宇宙産業、代替エネルギーや石油・ガス産業などのフリーゾーン内でのテクノロジー産業のニーズに対応しています。

既に拠点を置く企業は?SAP、 富士通、 AMD、 ユーロモニター・インターナショナル、 ウェスタン・デジタル、 シノシプス、シュナイダーエレクトリック

ドバイ・スタジオ・シティ

目的: ドバイ・スタジオシティは、最新のプロダクションおよびポストプロダクションを制作するトップクラスのメディアの拠点としてのドバイの地位を固めるための取り組みです。 あらゆる機会に対応する施設およびサービスには、サウンドステージ、プレビルト式ステージ、倉庫、楽屋、ワークショップ、オフィス用スペース、屋内貯水槽、最新の衛星通信施設、レコーディングスタジオや付属的なサービスを支援が含まれます。

既に拠点を置く企業は?アラビアン・ラジオ・ネットワーク、フォーブス中東、Nojoom TV

ドバイ・スポーツ・シティ

目的:  ドバイ・スポーツ・シティ の住居と商業や小売やスポーツを組み合わせたオファーは、 競技の場やそれ以外での成功すべてを称賛する支援的コミュニティを作り上げています。このフリーゾーンは、スポーツ関連活動用に特化して設計された世界最大のスポーツコンプレックスの一部を構成しています。このスポーツシティは5つの主要なスポーツ施設周辺に建築されており、数多くのスポーツアカデミー施設を備えています。

エンパーク

目的:  エンパーク は、大規模プロジェクトを調整し、MENA地区における巨大な未開発の機会開拓のために新技術を導入するための理想的なワンストッププラットフォームとして設立されました。このフリーゾーンは、環境に配慮し設計された不動産関連商品提供によるエネルギー効率、再生可能エネルギー、環境配慮型ビルおよび廃棄物管理部門に対応し、産業および調整力のある協働を促進し、ビジネスチャンスを見出し、業界の仲間との地域運用における経験を共有するためのプラットフォームです。

既に拠点を置く企業は? Averda インターナショナル、ソーラーリザーブミドルイースト

インターナショナル・ヒューマニタリアン・シティ

目的:  インターナショナル・ヒューマニタリアンシティ(IHC) は、飢えと貧困により脅かされる人々に手を差し伸べる機関を援助するために、輸送および物流においてドバイの専門的な知識を提供しています。

IHCの機能および世界人口の3分の2が飛行機で8時間以内にドバイに来ることができるという戦略的なロケーションのため、人道支援において世界で最大規模かつ最も多忙な物流の拠点となり、9つの国連機関と約50のNGOおよび営利団体が会員となっています。

既に拠点を置く企業は? 国際連合食料農業機関、セーブ・ザ・チルドレン、 ワールド・ビジョン・インターナショナル

インターナショナル・メディア・プロダクション・ゾーン

目的: インターナショナル・メディア・プロダクション・ゾーン(IMPZ) は、世界規模のメディア制作業界特有のニーズを満たすために設計されたメディア制作専用ゾーンです。このフリーゾーンでの事業運営は、機械、設備、原材料、予備品など様々な関税免除に加え、完全所有権、非課税収入などの特典から恩恵を受けています。メディア制作を管理する規制は、企業運営を容易にするために簡素化されています。

既に拠点を置く企業は? フリーゾーンは、多国籍企業、新設または老舗の中小企業、新興企業から1,500名を超える専門家が活躍しています。

ジャベル・アリ・フリーゾーン

目的:  UAEの副大統領かつドバイ首長でもあるシェイク・ラシード・ビン・ザイード・アル・マクトゥム殿下のビジョンと並ぶジャフザのビジョンは、環境に配慮した産業および物流インフラソリューションの大手供給業者となることです。ドバイの主要幹線道路であるシェイクザイード通りの左右の中央に位置するジャフザは、アブダビから南、ドバイから北の戦略的な位置にあります。

TechnoPark(テクノパーク)

目的: TechnoPark(テクノパーク) は、2,100万平米にわたる広大な土地に建設中で、6万人の永住者の居住地、および13万3千人以上の労働者を雇用することが予定されています。建設が完了すると、研究に関連するパートナーが学術研究機関および国際的な団体の資源にアクセスすることができる拠点として機能します。テクノパーク内では、専門エリアで科学と技術の主要部を保持しながら、産業育成では高水準の施設を提供します。

JLTフリーゾーン

目的: ジュメイラ・レイクス・タワーズ (JLT) フリーゾーンは、安全な金庫、専用の保管施設に加え、近代的インフラ、自由所有権、貿易ネットワークのプラットフォームで構成されています。このフリーゾーンは、広範囲のコモディティ部門ならびに金融、物流、保険などの関連支援産業におけるバリューチェーン全体での中心的な人物を誘致しています。

既に拠点を置く企業は? ドバイ・ダイアモンド・エクスチェンジ、スカイ・ホールディングス

ドバイ・ワールド・トレード・センター(DWTC)

目的: ドバイ・ワールド・トレード・センター(DWTC)は、ドバイの地位を商業の世界的中心として確立し固める極めて重要な役割を常に果たしています。DWTCには専用のメトロ が発着しており、バスやタクシーでアクセスがしやすいので、交通の便も優良です。

DWTCカレンダーは、ミュージックコンサートからGitex ショッパーや毎年恒例のアラビアン・トラベル・マーケットなどの見本市などの小売イベントにいたるまで、国際的なエンターテイメントが目白押しです。

トリップアドバイザー旅行者の評価
0 レビュー
おすすめ
ドバイモール ドバイの素晴らしさ
お好きなだけショッピング
ドバイモールでショッピングにふける
ピアシック 注目の食の新トレンド
ここだけで味わえるロマンティックなお食事を
心ゆくまでピアシックを堪能する
アット・ザ・トップ ドバイの素晴らしさ
歴史的な名所を昇る
ブルジュ・ハリファの展望台
アルサハラ・デザートリゾート サドルアップ&ライドオン
ベドウィン文化を発見
アルサハラ・デザートリゾートで伝統を体感しよう
ドバイ・デューティーフリー ドバイでショッピング
ご搭乗前のショッピング
デューティーフリーでドバイのおみやげを