これがあなたへおすすめの厳選項目です!

アカウントにログインしたり、作成してお気に入りを保存して、あなたに合わせた個別のお薦め情報を受信しましょう。

業界の世界的大手企業がドバイを選ぶ

ビジネスのために、ビジネスを基盤にして築き上げられた都市、ドバイへようこそ。ワールドクラスのインフラと企業優先のエコシステムを備えた文化のるつぼ、同首長国は貴社の成功を実現させます。

重要な拠点
東と西の間

革新の世界的リーダーであり、東と西を非常に上手く繋げた拠点であるこの都市は、世界で最も将来性の高い経済への比類なきアクセスを提供しています。

ドバイはその多様性を強化し、技術と研究を基盤にした産業が占める未来を受け入れています。人工知能(AI)とロボット工学分野において世界で最も高いFDI(直接投資)レベルを常に引き付けています。

2019年、世界銀行はビジネスのしやすさにおいて、この地域でUAEを第一位にランク付けしました。これは事業立ち上げの容易さだけでなく、この都市の定評のある貿易および産業ネットワークそして効率性を向上させる多部門にわたる取組みを反映していると言えるでしょう。ドバイは国際的な事業拡大や統合を希望する企業を引き付けています。

世界最大の決済ネットワークを有するビザ(Visa)が2021年にドバイに地区本部を開設する予定です。このデジタル決済会社はドバイ・インターネット・シティ (Dubai Internet City(DIC))とドバイ・メディア・シティ(Dubai Media City(DMC))の中心に新本社を建設予定で、その敷地は約9,300平米に及びます。

中国のゲーム大手会社テンセント・ゲームズ(Tencent Games)も、ダイナミックな環境、活気溢れる知識コミュニティ、そして革新主導の技術企業群により、DICを地域事業の拠点として選択しています。

既にドバイ国際金融センター(DIFC)は世界の銀行および金融サービスのトップ20社のうちの17社、国際的保険と再保険会社のトップ10社のうちの5社そして多くの著名な資産管理企業の拠点となっています。

同首長国の繁栄する物流業界、ダイナミックな市場、革新的見通し、そして競争環境。これら全ては、貴社が事業の拡大や新設を計画する際にドバイを選択しやすくする重要な要素となっています。

ドバイのフリーゾーンは、100%の外国人持株、免税政策、利益の完全な本国送金、低コストでの立ち上げおよび更新体系を意図して設計されています。

ドバイのフリーゾーンモデルは、マイクロソフト(Microsoft)やシスコ(Cisco)などのフォーチュン500に名を連ねる企業にサービスを提供するための順応性があります。フリーゾーンはこれまでに最も成功を収めた多様的取り組みのひとつであり、ダイナミックなビジネス環境において効果を最大限化するために、いかにアジリティを取り入れたかを実証するものです。

この都市のフリーゾーンは、地元のスポンサーや業者を利用する必要のない、完全に拡張性のあるビジネスモデルを提供しています。ここでは分割化した産業のための特化地区を提供し、次世代の製品やサービスを売り出すために最先端の知識を活用する研究開発を支援する革新の受け台としてのますます重要な役割に貢献しています。UAEは45のフリーゾーンの拠点であり、その多くはドバイにあります。

ドバイ裁判所、DIFC裁判所、そしてDIFC LCIA(ロンドン国際仲裁裁判所)とDIAC(ドバイ国際仲裁センター)の4つの管轄を通した安定した規制の枠組みを誇ります。

ドバイの規制および立法の枠組みは、都市が民官連携を粒さに焦点を当てる事でさらに強化され、ビジネスを行いやすくするための政策に関する双方向の対話を実現させています。ドバイ金融サービス機構(DFSA)が提供するイノベーション・テスティング・ライセンス(Innovation Testing License)は、企業のDIFC内でのコンセプトテストを可能にしました。このシステムは2017年に立ち上げられ、企業は規制当局の年次ITL コーホートを介して申請が可能になりました。

物理的かつデジタルなインフラにおけるこの都市の重要な投資は、製品、サービス、そして知識のシームレスな取引を実現することを目的としています。また、国境間の提携、世界的課題を解決するための情報共有そして全産業にわたる革新的思考者を鼓舞する能力も支えています。

インフラの準備が整っていることにより、運用効率の向上、従業員の生産性の向上、市場開拓およびサービス提供能力の迅速な処理も実現させています。これら全ては規模拡大と成長を達成するために不可欠であると言えます。また、多文化の労働力の採用が簡単であること、これは企業が迅速に容易に運営を始められるということを意味しています。

さらに、25年まで選択できるリース期間、倉庫設備、生産と組立、研究開発、試験と製造のための領域の可用性により、ドバイは新規企業だけでなく定評ある企業をも惹きつけています。

ドバイ未来財団

規制状況の再定義

ドバイ未来財団(Dubai Future Foundation)のレギュラトリーラボ(Regulatory Lab)は法律や政策立案者と学究的環境、科学者、ビジネスリーダーたちをひとつにして、規制状況を再定義させ、革新を可能にし、新興ビジネスモデルの支援のための信頼性の高い枠組みを作り上げています。

グローバルデータセンター

マイクロソフトが中東に参入

2019年6月1日、マイクロソフト(Microsoft)社は中東に同社初の2つのデータセンターを開設し、2017年から2022年の期間にこの地区のクラウドサービス予測の4倍の支出増の需要に対応しました。同社にとって中東初となるデータセンターは、ドバイとアブダビにあります。

フリーゾーン

成功のモデル

この都市のフリーゾーンモデルは、世界の他の同等のプログラムより多くの貿易とFDIのシェアを引き付けています。この正当な理由により、世界でも同様の試みが行われています。

常に最新情報を入手しておきましょう

ドバイのビジネスに関する最新ニュースと洞察を入手する。

提供する全情報は当機関のプライバシー通知に従って処理されます。