これがあなたへおすすめの厳選項目です!

アカウントにログインしたり、作成してお気に入りを保存して、あなたに合わせた個別のお薦め情報を受信しましょう。

MENA地域のスタートアップキャピタル

スタートアップ企業に関しては地域トップのデスティネーションであり、さらにイノベーションの面で地域を先導するドバイは、既存および新たな貿易ルートの交差点として完璧な立場にいます。

サクセスストーリー
2012年に設立され、ドバイを本拠地とするカリーム(Careem)は、2019年に31憶ドルでウーバー(Uber)に買収されました。同社のストーリーには、アマゾン(Amazon)によるSouq.comの5億8千万ドルの買収やザ・エンターテイナー(The Entertainer)やマムズワールド(Mumzworld)といった企業の成長など、ドバイ生まれのサクセスストーリーのトレンド増加が反映されています。その他のサクセスストーリーとして、エマージング・マーケッツ・プロパティ・グループ(Emerging Markets Property Group - EMPG)、プロパティ・ファインダー(Property Finder)そしてメディアストリーミング企業のスターズプレイ(StarzPlay)が挙げられます。

1,000

km/hの貨物の移動距離

政府とヴァージン・ハイパーループ(Virgin Hyperloop)の提携を通じて、再生可能なエネルギーを使用して貨物が1時間に1,000km移動できるようになります。

25%

全移動における自動運転車の使用率

幅広いスタートアップ企業の成功に加え、ドバイは自動運転車の分野においても世界の最先進国となっています。政府は2030年までに移動の25%を自動運転車で担うことを目標にしています。

60%

スタートアップ企業の資金調達

スタートアップ企業のほとんどの資金がドバイで調達されました。2019年、中東北アフリカ(MENA)全域において、ドバイが占める資金調達の割合は実に60%以上。564件の契約から7億ドル(USD)以上の投資という記録を樹立しました。

常に最新情報を入手しておきましょう

ドバイのビジネスに関する最新ニュースと洞察を入手する。

提供する全情報は当機関のプライバシー通知に従って処理されます。