これがあなたへおすすめの厳選項目です!

アカウントにログインしたり、作成してお気に入りを保存して、あなたに合わせた個別のお薦め情報を受信しましょう。

ログイン登録

ログインして「いいね」する

この内容を「いいね」するためにログインまたは登録

ログイン登録

ドバイに投資する理由

ドバイはMEASA地域の主要金融セクターを持つ世界的金融の拠点であり、進化するフィンテック、AI、ブロックチェーンソリューションをサポートしているため、同都市はセクター投資を引き付けています。

セクションへ移動する

ドバイ:無数のチャンス

ドバイは投資を検討する人々に多くの機会を提供します。中東、アフリカ、南アジア(MEASA)地域には、300万人もの人々が住んでおり、さらにモバイルの接続性が増加し、貿易および投資においてレベルアップが図られています。MEASA地域はこれまで以上に広範で洗練された金融サービスを求めており、これは金融セクター内の革新的企業におけるチャンスと言えます。

貿易および投資が増加するにつれ、卸売銀行業務および資本市場においても、市場の拡大が予想されます。この事によりこの地域内のあらゆる主要市場間の事実上の拠点としてのドバイの重要性が実証され、年間3,500億ドル以上もの取引額が流れる理由です。

人口の大半は銀行に預金口座を保有していないため、フィンテック製品におけるポーテンシャルは莫大です。継続的成長に伴い、金融および資本市場はますます重要になり、世界の貿易の拠点としてのドバイは優位な位置にあると言えます。

MEASA地域におけるデジタル機会
ドバイ国際金融センター(DIFC)はMEASA地域の金融の中心です。7.7兆ドルの合計GDP、膨大な若年者の人口、その40%は25歳未満という環境は、デジタル金融サービスへの機会を提供しています。

金融の拠点としてのドバイ

西のロンドンやニューヨーク、東の香港や津京の主要な世界的金融の中心にあり、異なる時間帯に効率的に対応するドバイ国際金融センター(DIFC)は、南南経済海路に沿った貿易および投資の流れを刺激します。同センターは、2024年までにその規模が3倍になると予測され、その構成要素および世界規模のセクターへの影響への深化および拡大および革新における投資により、ワールドクラスの金融の目的地として確立していきます。

 

クラス最高の 規制および法的枠組みを確保するDIFCは、ドバイ金融サービス庁 (DFSA)とドバイ裁判所の法的機関であるDIFC裁判所そして2つの仲裁センター、ロンドン国際仲裁裁判所(DIFC LCIA)とドバイ国際仲裁裁判所(DIAC)で構成されています。


活気溢れる金融と貿易セクター

ドバイ国際金融センター(DIFC)は世界の銀行トップ20のうちの17の機関、上位7位に名を連ねる法律事務所、そして世界で最も権威のある資産運用会社の13社が拠点をおいています。バークレイズ、シティバンク、HSBC、スタンダードチャータードなど世界で最も評価の高い金融機関の望ましい地域の拠点であり、市内で85の支店を共同で運営しています。一方でクレジットカード大手企業のVisa とMasterCard もドバイに本社を置いています。

あなたのドバイを発見する - ビジネス
Play video

DNAに革新が刻み込まれた都市、ドバイにおいてエンパワーメントは標準的なもので、対話はグローバル化し、人々の視野は日々広がります。

未開拓の市場の成長

中東、アフリカ、南アジアでは各地域の86%、66%、46%の成人が従来の銀行口座を保有していません。南アジアでは55%の男性、そして37%の女性が銀行口座を保有していません。特に若者層が金融サービスの利用が困難であると感じています。サハラ砂漠以南のアフリカの地域では、若者による貯金は22億ドルにおよび、この金額の半分は1日2ドル以下で生活する人々によるものです。スマートフォンの使用は増加しており、サハラ以南のアフリカの地域の人口の33%がデバイスを使用しています。この数値は2025年までに倍になることが予想されています。

フィンテックにおける機会
2014~2019年の間にMENA地域で66%の増加となったこの環境はフィンテック投資の豊かな基盤となっています。AIおよび技術への明確な投資により、ドバイは急成長を遂げるフィンテックから恩恵を受ける理想的な位置にあるといえます。

投資家とベンチャーキャピタリスト

ドバイにはこの地域内で最大数の投資家とベンチャーキャピタリストが集まっています。クラウドファンディングのプラットフォームおよび低コストのポートフォリオ投資商品は投資を活発化し、低中所得の市民に投資ができる環境を提供しています。信用供与の増加、ベンチャーキャピタルの増加も、ミドルマーケットにおける成長を後押ししています。

 

ドバイを拠点とするベンチャーキャピタル会社もフィンテックブームに貢献しています。2014年に開設し、UAEで最も積極的なベンチャーキャピタル会社であるワムダ・キャピタル(Wamda Capital)は金融商品比較サイトのYallaCompareに1,740万ドルを投資しています。BECOキャピタルは保険比較サイトのBayzatに350万ドルの投資をし、急成長を遂げるフィンテック分野を拡張させています。

entreperneurs-business-people

フィンテック・フォワード

技術により金融取引の有効化と完了方法が変革を遂げる中、ドバイはこの地域のフィンテックセクターにおいて主導権を握り、市内では数多くのスタートアップ企業が事業を始めています。中東よび北アフリカだけででも、フィンテック系スタートアップ企業は過去10年間にわたり1億ドル以上もの資金調達を実現しました。 

 

現在、ドバイは世界のフィンテックハブのトップ10のひとつであり、この地域ではトップクラスであると認識されているため、ドバイ国際金融センター(DIFC)は同都市のイノベーションエコシステムの先導に立ち、成長を後押しする最適に位置にあります。 このような取組みの一つは、低コストのイノベーションライセンスです。 テクノロジーイネーブラーに提供され、 FinTech、RegTech、InsureTechに該当する企業、そして新規または革新的な製品の開発や試験に関心のある他の中小企業に対応します。

UAEのみで2020年に272億ドルに到達すると予測される目覚ましい成長の可能性を秘めたセクター。

UAEのみで2020年に272億ドルに到達すると予測される目覚ましい成長の可能性を秘めたセクター。

E-コマース

ドバイのe-コマースセクターはドバイにおいて膨大な成長の可能性を実現し、2020年にはUAEだけでその価値は272億ドルに到達すると予測されています。成長を刺激する一連の改革および政府の政策は、UAE国内総生産を今後数年間で5,000億ドルを超えることを目標としています。

ザ・エンターテイナー社

食事、スパトリートメント、エンターテインメントの分野で1名分の料金で2名が利用できる特典の提供手段として、2001年にザ・エンターテイナー(The Entertainer)社が設立されました。現在ではアプリを立ち上げ、中東、ヨーロッパ、アジア、アフリカ全土の10,000を超える業者の特典を取り扱っています。

AIとロボット工学

また、ドバイはAIとロボット工学への直接投資(FDI)の誘致で世界第一位にランク付けされており、2015年から2018年の間の最新テクノロジー移転への直接投資額は216億ドル規模となると報告されています。最も投資額が多いのは、欧州連合とアメリカであり、それぞれ57億ドルと39億ドルです。ロボット工学とAIなどの技術への投資に重点を置くドバイは、フィンテックとブロックチェーンの革命を導くこの地域の中心に理想的に位置しています。

ブロックチェーン政府の未来

ドバイは投資を検討する人々に多くの機会を提供します。中東、アフリカ、南アジア(MEASA)地域には、300万人もの人々が住んでおり、さらにモバイルの接続性が増加し、貿易および投資においてレベルアップが図られています。MEASA地域はこれまで以上に広範で洗練された金融サービスを求めており、これは金融セクター内の革新的企業におけるチャンスと言えます。

貿易および投資が増加するにつれ、卸売銀行業務および資本市場においても、市場の拡大が予想されます。これによりこの地域内のあらゆる主要市場間の事実上の拠点としてのドバイの重要性が実証され、年間3,500億ドル以上もの取引額が流れる理由です。

最新の洞察と記事

投資家のためのドバイ

ドバイの投資環境を調べる