これがあなたへおすすめの厳選項目です!

アカウントにログインしたり、作成してお気に入りを保存して、あなたに合わせた個別のお薦め情報を受信しましょう。

ログイン登録

ログインして「いいね」する

この内容を「いいね」するためにログインまたは登録

ログイン登録

食べ物と飲み物

ドバイで試してみたい人気の新レストラン

Thu, September 23, 2021

本格的なストリートフードから絶品グルメまで、ドバイ最新グルメスポットの最終選考リストをチェックしましょう。

本格的なストリートフードから絶品グルメまで、ドバイ最新グルメスポットの最終選考リストをチェックしましょう。

1

レトロな雰囲気が漂うクリエイティブな和食

ジュメイラ・ビーチ(Jumeira Beach)のフォーシーズンズ・リゾート・ドバイ(Four Seasons Resort Dubai)内のレストランビレッジにあるミミカクシ(Mimi Kakushi)は、近隣のコヤ(Coya)やヌスレット(Nusr-Et) などの有名レストランと肩を並べる素晴らしいレストラン。店内に足を踏み入れると、まるで他の世界に移動したような気分になることでしょう。ふんだんに取り入れた木目の内装、ヴィンテージ風の塗装、そして観葉植物があちこちに置かれた空間が家庭的な雰囲気を醸し出し、ジャズのサウンドトラックからノスタルジックな曲が流れ、オープンキッチンではシェフのこだわりの料理に腕をふるいます。
2

まさにポストカードのような景色を望むルーフトップレストラン

ZETA セブンティセブンで歓喜する心の準備を。海抜310mのアドレス・ビーチ・リゾートのルーフトップにあるので、最高級のモダンなアジア料理を味わいながら、街のスカイラインの絶景をお楽しみいただけます。 この天空のレストランでは2種のシーフードにヒントを得たメニューをご用意しています。ひとつはポケボウル、サンドイッチ、バーガーなど、プールサイドでの軽食、もうひとつは味噌ロブスター、氷で冷やした牡蠣やカリカリの海老など自慢の味を揃えたアラカルトメニューです。
3

オーファリ―・ブラザース

3人兄弟の抱く1つの夢。オーファリ―・ブラザース(Orfali Bros)の「ビストロノミー」では、兄弟たちの料理への情熱を反映したお料理をご提供できることを誇りとしています。シシュ・バラク・ア・ラ・ギョーザ(中東風にアレンジした牛肉餃子)、サーモンの味噌とクリーミータヒニ添え、そしてウームサラートリジャス (スパイスを効かせたスペイン風フレンチトースト)など人気料理を始めとしたメニューの全てをトライするために何度も足を運んでみたくなるでしょう。また、 地元の農業を支援しているので、メニューには地場産の農産物を採用しています。

4

究極のプライムステーキ探しの終止符を打つ

オーストラリアの大陸からドバイの海岸へやってきたハンター&バレルは、この街の食のシーンに新しく登場したエキサイティングなレストラン。ヴィダ・エミレーツヒルズ(Vida Emirates Hills)にあるこのレストランでは、様々な自慢の肉や野菜の炭火焼をお楽しみいただけます。海老の直火焼き、 スモーキーなチキンウィング、そしてもちろん絶品のプライムステーキをご想像ください。また、特別「ステーキプログラム」メニューもございますので、フィレ、ランプ、サーロイン、リブアイなどの素晴らしいお料理をお選びいただけます。お肉が好みでない方は、五種類の穀物のケバブ串やボリューム満点のヴィーガンバーガーなど、数多くの素晴らしいベジタリアン料理もお楽しみいただけます。
5

ドバイの「ラーメンの女王」がお届けする新たなご馳走

市内でも指折りのエキサイティングなラーメン人気スポット、キノヤはドバイが誇る「ラーメンの女王」として親しまれる地元住民のネハ・ミシュラが実現させた夢です。インスタグラムの @storyoffood を支えるシェフとして、満員御礼のサパークラブの開店から始まり、ドバイに初めてのレストラン出店の陣頭を切りました。常連客たちはネハが作り出す居酒屋の味を楽しむためにキノヤに群がっています。毎日ラーメンを食す、これが驚くべき食通たちの体験に変えてしまう。ここでは麺にいたる何もかもが厳格に守られたレシピに従い、愛情をもって手作りされています。
6

心地よい空間で味わう植物ベースのお料理

ジャスト・ヴィーガン(Just Vegan)は市内に数軒の支店がありますが、その中でも人気があるのは「プライベートダイニング」というコンセプトを打ち出しているジュメイラ店です。さらに親近感を味わえる雰囲気を作り出せるよう席数を限定した、この心地よいスポットは、足を踏み入れるとすぐに実感することができる「自然回帰」というテーマを反映しています。自然と菜食主義が融合した場所としてアピールし、タイイエローカレーピザ、植物ベースのパン無しバーガー、素朴なカントリーカレーそしてトリュフマックやチーズスタックなど、色鮮やかで風味溢れる特製料理のメニューをご用意しています。このカフェでは全ての料理を店内調理していることを大いに自負しています。つまり、ソースやディップも専門シェフが作り、提供されるすべての料理が100% ヴィーガンであることを意味しています。
7

ドバイ・マリーナにあるゆったりとくつろげる居酒屋

ミレニアム・プレイス・マリーナにあるイキガイ(Ikigai)は、情熱をもって美味しさを追求しています。評判の高い地元出身のシェフ、リーフ・オスマンがレストランメニューのコンサルタントを務めており、ヘッドシェフのミンホ・テッド・シンがその才能を駆使して皆さんを感動させてくれるので、最高の料理を期待することができるでしょう。日本語の「生き甲斐」というコンセプトにちなんで名づけられた、この落ち着いた雰囲気のレストランとラウンジは居酒屋(和食)を称賛し、サクサクの天ぷらバーガー、サーモンの黒コショウ風味の照り焼き、そして和牛たたきのトリュフソースなど、型にはまらない様々なご馳走をお楽しみいただけます。
8

ザ・オレンジリーの世界の味覚

この機会をリアルに反映すべく、ジ・オランジェリーはモンゴメリーゴルフコースと街のスカイラインの絶景に囲まれながら、独創的なお食事をお楽しみいただけます。「世界一周」スペシャルメニューではアジア、中東、ヨーロッパの風味をふんだんにお楽しみいただけます。味噌味のサーモンワサビのクレームフレーシュ添え、タイガー海老のバーベキュー マドラスカレー風味、ピリ辛のタイ風シーバス、焼きたてのピザをご想像ください。また、素晴らしいことにスターター、メイン、サイドディッシュそして様々なデザートまで揃ったヴィーガンメニューもお楽しみいただけます。
9

ツィギー・バイ・ラ・カンティーンでリビエラを空想する

1日を輝かせてくれる太陽がいっぱいのスポット、ツイッギー・バイ・ラ・カンティーヌ(Twiggy by La Cantine)は、パーク・ハイアット・ドバイにある爽やかなビーチクラブとレストラン。100mのインフィニティプールの側でのお食事はいかがでしょうか。ボークボウル、ロブスターロール、寿司、そしてキャビアなどの小皿を取り揃えた独自のメニューをお楽しみください。またはサンベッドからテラスのテーブルへと移動してみませんか。お祝い気分がいっぱいの地中海料理を豊富に揃えたアラカルトメニューを満喫できますが、それ以上の価値がありますよ。
10

ルンバで楽しむ最高のバイブと美味しい食事

パーム・ジュメイラ(Palm Jumeirah)の海を見下ろす景色、砂の上のテーブル、そしていたるところに漂う色鮮やかな雰囲気、ルンバ(Rumba)でのお食事は、キューバを丸ごと味わえる食の旅をお約束します。早めにお越しになりサンセットを楽しんだ後に、ビーフエンパナーダ、子牛の燻製コロッケ、最高のワカモレ、お魚のタコスなどの人気料理を味わってハッピーな味の世界をご堪能ください。 ベジタリアンの方にもぴったりなフレッシュサラダ、独創的なカリフワーとピーナッツのモレ、そしてひよこ豆のバーガーを揃えています。
11

ワワ・ダイニングでクールな東京の味わいを楽しむ

ワワ・ダイニング(WAWA Dining)を通り過ぎる時に、二度見してしまうのも無理ありません。アルバーシャ(Al Barsha)地区のゴールデン・チューリップ・ホテル(Golden Tulip Hotel)の1階にあるこのレストランのエントランスは提灯、手書きの看板、そして温かみのある色調を施した伝統的な店構えをイメージさせるデザインで東京そのもの。お食事はドバイで堪能できる最高のお寿司、刺身そしてラーメンを揃え、まさに本格的な和食を味わっていただけます。
12

カルナの伝説のカットステーキ

ビジネスベイにあるSLSホテルズ&レジデシーズ(SLS Hotels & Residences)に地域初となるダリオ・チェッキーニのダイニングコンセプトが誕生しました。数々の賞を受賞する謎めいた肉屋、カルナ(Carna)。洗練された空間には温かみのあるトーン、オープンキッチン、スタイリッシュなシャンデリアが施されています。ここでは最高級のプライムカット、最高級肉のプライムカットや極上ステーキの他、レストラン特製料理もお楽しみいただけます。ご期待の通り、赤身のお肉が目玉となっていますが、数々のシーフード料理もトライしてみましょう。

13

ラ・カサ・デル・タンゴでお食事とタンゴ

ドバイの金融地区にアルゼンチンのテイストを取り入れた、ラ・カサ・デル・タンゴ(La Casa del Tango)はレストランであり、ダンススタジオであり、ブティックでもあります。全体的に温かみのあるレザー調でまとめられており、印象的な赤と青の色調が使われています。有名ダンサーのエンリケ・マカンの構想に基づき、タンゴの芸術性を讃えるとともに、キッチンでも美味しく流れるようにお料理が調理されます。料理長兼マスターアサドールのホルヘ・リベロが考案したメニューではチェリソ・パリレロ・コン・プロボローネ (アルゼンチン産ソーセージのグリル・プロボローネ添え)、フエヴォス・グラマジョ・トリュファドス (スクランブルエッグのトリュフ添え) そして ボルカン・デ・ドゥルセ・デ・レチェ (アルゼンチン風とろけるケーキ、ドゥルセ・デ・レチェソース添え)などが大人気メニューです。

14

フィリア・ドバイでイタリアの家庭の味をいただく

まさにイタリアの家庭の味を楽しめるフィリア・ドバイ(Fi'lia Dubai)。自家製パスタ、素朴なパン、薪窯で焼きたてのチーズたっぷりのピザなど、すべてのメニューにわたり美味しい家庭の味をお楽しみいただけます。新鮮なバッファローモッツアレラで作った昔ながらのマルゲリータピザを一口食べれば、このお店が絶品の味を堪能するにしかるべき場所にいることが分かるでしょう。「Fi’lia」という名前はイタリア語で「娘」を意味します。伝説の料理人、 マッシモ・ボットゥーラの下で修業をしたシェフのサラ・アケルが率いるこのレストランでは世界中から集まった強くて才能ある女性たちで構成された全て女性のチームが活躍しています。 
15

ラッキーフィッシュ

パームウェストビーチ(Palm West Beach)にある ラッキーフィッシュ(Lucky Fish)は バリ風の ココベイ(Koko Bay) やメキシコ料理のセニョール・ピコ(Señor Pico)と同じく素晴らしい海岸線のロケーションを活かしています。海岸線というロケーションの魅力に華を添える地中海料理を揃えたメニューが、立ち並ぶ店舗の中でラッキー・フィッシュを際立たせています。ご想像の通り、このレストランはシーフードを賞美しています が、地元の漁師たちと協力し当日の獲れたての最高級の鮮魚を氷上で紹介したり、魅力的な料理の主役として採用しています。また、プラスチックを一切使用しないというポリシーも共感を呼びます。

16

CZNブラクバーガー

様々な種類の肉汁たっぷりのバーガー が食べたいという方に朗報です。CZNブラクバーガー(CZNBurak Burger)がドバイモールにオープンしました。インスタで有名なシェフ、ブラク・オズデミルは桁外れのスケールの肉料理で有名で、 シェイク・ムハンマド・ビン・ラシッド通り(Sheikh Mohammed bin Rashid Boulevard)にレストランをオープンさせ、すでに話題を集めています。CZNブラクバーガーはよりくつろいだ雰囲気で完璧なまでに焼き上げ、風味豊かなパテを中心にお楽しみいただけます。もちろん、「ジャイアント」バージョンもご用意しています。

17

ディッシュトリクト

 世界中のご当地グルメに着想を得たジュメイラのワスル51(Wasl 51)にあるディッシュトリクト(Dishrist)は堪能できる食のアドベンチャーを提供しています。フュージョン料理に力を入れおり、全てが見事に仕上がっています。伝統的な料理に中東風のひねりを加えて刺激的なピリ辛ソースでいただく シャッタ クラブサラダ – タイ風  アランチーニ、ポップコーンスタイルのマッシュルームのトリュフとパルメザン添え、ソフトシェルベースにスパイスを効かせたラム肉のケバブとミントソースをかけたラム肉 ガラウティケバブ タコスを思い浮かべてみてください。独創的で魅力的ですね – お腹を空かせてお越しください!

18

ムーンスライス

ジュメイラのダル・アル・ワスル(Dar Al Wasl)開発地区の美味しい参入者、ムーンスライス(Moon Slice)は素朴なパイに美味しさの敬意を表しています。エミラティのレストラン経営者、マフムード・アル・ハミスはシェフのレイフ・オスマン の助言を求め、楽しくて親しみやすく魅力的なエクスペリメンタルメニューを作り出しました。皆さまが大好きな料理と共にトリュフや新鮮なタコなどの贅沢なトッピングが添えられる光景を思い浮かべてみてください。しかしながら、これらの秘密の味は生地の中にあります。生地を折りたたむ際にただの水の代わりにミルクを加え48時間発酵させてから延ばし、新鮮な風味をトッピングして、特注のイタリアンオーブンで焼き上げます。絶品ですよ!

19

グロ

流行りのドバイ国際金融地区に新しくオープンしたレストランとラウンジで「成長(Glo)」する準備をしませんか。セッティングと調和さえたグロのインテリアは洗練されたものですが、オープンテラスはこの街の都会的な照明と名所を一望できるために人気のチョイスとなっています。国際色豊かなメニューは絶品の手巻き、和牛スライダー、鶏肉入り餃子、メインのグリル料理そしてビーガンパスタも含めて失望させません。
20

テッラ

アル・タニヤのジュメイラ地区では地中海の様々な魔法が出現しています。深みのある色鮮やかなパレット、石柱、あちらこちらに置かれた緑を楽しみながらのテッラ(Terra)のお食事はまるで素晴らしいチャンスに巡り合ったよう。持続可能性を大変重視したメニュー (料理は季節限定で食材は可能な限り地元で調達しています)は現実における対応も感じられます。ビーフのカルパッチョロール、マグロのクルード、甘いナスのクロケット、レンズ豆のザアタル ドレッシング添えは、美味しいピザ、パスタや王道のメイン料理に取って変わる存在となっています。ねっとりとした甘いデーツプリンを試さずしてお店を出られませんように。
21

ザ・ネーム

ドバイデザイン地区のザ・ネーム(The Name)は驚きに満ちています。レストランにコワーキングスペースを備えたカフェを組み合わせ、さらにトレンディなギフト用品を満載したコンセプトストアも併設しています。 こらのギフト用品の多くはパーソナライズすることができます。スパイシーな味付けのビーフとラブネを一緒にいただくフラットブレッド、スモークパストラミとチェダーのサンドイッチ、美味しいポテトとビーガンチーズなど、地中海とレバノン痴ほうの不思議なメニューがこのスペースに華を添え、ついつい長居をしたくなってしまいます。

常に最新情報を入手しておきましょう

ドバイでやるべきことの最新情報を入手

提供する全情報は当機関のプライバシーポリシーに従って処理されます。