これがあなたへおすすめの厳選項目です!

アカウントにログインしたり、作成してお気に入りを保存して、あなたに合わせた個別のお薦め情報を受信しましょう。

ログイン登録

ログインして「いいね」する

この内容を「いいね」するためにログインまたは登録

ログイン登録

建築

ドバイで最も魅力的な建築物

Fri, June 3, 2022

ドバイはその素晴らしいビジョンや独創的な建築の偉業でよく知られているので、驚異的な建造物が立ち並ぶ風景も驚くことではありません。

ドバイはその素晴らしいビジョンや独創的な建築の偉業でよく知られているので、驚異的な建造物が立ち並ぶ風景も驚くことではありません。

未来博物館

世界で最も美しい建築物 と評されるドバイの未来博物館(Museum of the Future)は目を見張るものがあります。同都市の高速道路、シェイク・ザイド・ロード沿いに建つこの博物館の外観は、芸術的なカリグラフィーが施された非対称のトーラスのような形をしています。鉄とガラスで覆われた未来博物館を手掛けた建築家ショーン・キラが目指したのは ドバイの未来像で緑の丘、建築物、そして空間という3つの主要な要素で表現されています。 それぞれは、地球、人類の輝き、そして「書かざれる未来」を表現しています。

ブルジュ・ハリファ

ドバイの傑出した建築的ランドマークにおいて、疑う余地もない第一的存在、 ブルジュ・ハリファ(Burj Khalifa) を説明する必要はありません。2010年にオープンして以来注目を集めるこの建造物の高さは828mを超え、世界で最も高層の建築物として街のスカイラインを突き抜けてそびえ立っています。 ドバイ・モール(The Dubai Mall)に隣接しており、ダウンタウン・ドバイ(Downtown Dubai)に位置します。ブルジュ・ハリファのアット・ザ・トップ(At The Top)ツアーは、専用展望台から驚異的なパノラマの景色 をお楽しみいただけます。 夜の空をライトアップするタワーの 外部パネル に装着された33,000平方メートルのハイブリッドLEDノード(2018年のレザー&ライトショーで記録を塗り替えました)など、魅力的な特徴が数えきれないほどあります。

インフィニティ・ブリッジ

インフィニティ・ブリッジ(Infinity Bridge)は、デイラ(Deira)地区とバールドバイ(Bur Dubai) 地区を繋ぐ鉄の橋です。デザインでもその名前においても、数学の無限を示す記号に着想を得たこの橋は42mの高さの銅鉄製のアーチ、 片側6車線、そして 幅3メートルの歩行者 およびサイクリスト専用道路から構成されています。有名な ドバイクリークの水面にそびえ立つ、このドラマチックな構造から望む眺めは、百聞は一見にしかず、まずはご自分の目でご覧ください。また、この橋は アル・シンダガ・コリドープロジェクトの重要な部分です。このプロジェクトは ドバイのシェイクラシッド、アル・ミナ、アル・ハリージ沿いの13kmの長さの道路網開発に携わっています。

ジャミール・アーツ・センター

ジャミール・アーツ・センター(Jameel Arts Centre)はドバイクリークのジャダフ・ウォーターフロント(Jaddaf Waterfront)の端にある真っ白の低層の建築物の中にあります。中庭を囲むようにした部屋が集まっている伝統的な シャビィ住宅様式に着想を得た、このセンターは現代アートと創造性に ふさわしい家となりつつあります。外観からは、箱のような部屋が集まった塊を眺めることができ、内側には 広々とした ギャラリースペース、 地元の植物を紹介する広大な中庭、そして委託作品を展示する屋外ギャラリーの彫刻公園を見ることができます。  感動していただくようにデザインされたこのセンターで、時間をかけて多くの側面に触れる体験をお楽しみください。

アイン・ドバイ

ブルーウォーターズ・アイランド(Bluewaters Island)の記録破りの観覧車は全長250m。ロンドンアイの約2倍で48の各キャビンは38分間かけて一周します。ハブとスピンドルを組み立てると、その重量は航空機A380の4機分に相当するという驚異的な建築物です。乗車すると、都市とアラビア湾の360度の眺望を楽しむことができます。10カ国以上が協力して製作したこのホイールの舞台裏を知ることができるツアーもご参加いただけます。

ジ・オーパス

建築への革新的アプローチが高く評価される故ザハ・ハディッドが設計を手がけたジ・オーパス(The Opus)はその目を見張るようなデザインがダウンタウンのビジネスベイ で引き立っています。 地域初の ME バイ・メリア・デザイン・ホテル(ME by Melia design hotel)が入居するこの建築物は、二棟のタワーで構成され、地上レベルでは吹き抜け空間で接続し、地上71mの上層階では橋が結び付けた立方体の形状をしています。中央はまるでぽっかりと穴を削り出したよう見え、アイコニックな立方体を作り出しています。MEバイメリアホテルの開館にともない、ジ・オーパスでは様々な豪華レジデンスの他に12軒のレストランやルーフトップラウンジをご利用いただけます。

ジュメイラ・ビーチ・ホテル

ドバイ初の5ツ星ホテルのひとつ、ジュメイラ・ビーチ・ホテル(Jumeirah Beach Hotel)は、1997年に初めてオープンして以来豪華さのレガシーを保っています。打ち寄せる波の形を模したこの建築物は、ジュメイラビーチの自然のままの海岸線沿いでひと際異彩を放っています。そしてドバイのもうひとつのアイコン、 ブルジュ・アル・アラブ(Burj Al Arab) ホテルからは 徒歩圏内 です。 ホテル内の廊下でさえ湾曲しているため、どの角度からも最高の夕日の景色 を確実に楽しめることを実感されることでしょう。  

エミレーツ・タワーズ

洗練されたモダンな外観、エミレーツ・タワーズ(Emirates Towers)は、ドバイで最も有名な高層ビルのひとつです。 ブルジュ・ハリファなどドバイを代表するその他の建築物が立ち並ぶ有名なシェイク・ザイド通り沿いに位置します。正三角形のファザードを持つこのタワーは伝統的なイスラムのテーマに影響を受けています。内部ではホテルエリアに加え、その他の著名な名前に交じって首相官邸も設けられているオフィスタワーが目に留まるでしょう。2つのタワーを街を代表する小売とダイニングの目的地、 ザ・ブルーバード(The Boulevard)が繋いでいます。

ドバイ・フレーム

ユニークな建造物である ドバイ・フレーム(Dubai Frame) は文字通り、 150mの高さから360度の街の風景を眺められる巨大サイズの額縁です。 北側に目を向けると、オールド・ドバイ、ダウ船が停泊する ドバイ・クリーク 、そしてその周辺のスークの景色を眺めることができます。その景色の中には歴史遺産地区そして、かつてはこの街の経済成長を支えた真珠採りの港などもご覧いただけます。南側に目を向けると、キラキラと輝く新しいドバイのスカイラインの見事な光景が広がります。 同首長国の過去 と現在を途切れなく繋ぐこの対照的な景色は、観光客の重要な名所となっています。

アトランティス・ザ・パーム

世界で最もアイコニックなホテルのひとつと称される、アトランティス・ザ・パーム(Atlantis, The Palm)は目を引くピンク色の砂の城のデザイン、贅沢なまでのインテリア、ドバイの他の建造的ランドマークである パーム・ジュメイラ(Palm Jumeirah) の幹の頂点という最高のロケーションのおかげで際立った存在感を放っています。ご滞在のお客様だけが内情をご存知ですが、隣接する パーム・ボードウォーク(Palm Boardwalk)から、印象深いホテルのタレット(小塔)とタワーを背に、念願のセルフィーを誰でも撮ることができます。または、ミシュラン星を獲得した松下信幸 ノブ(Nobu) やゴードン・ラムゼイが手掛けるブレッド・ストリート・キッチン(Bread Street Kitchen)など、リゾートを利用するセレブ達ご用達のレストランのお席を予約してみませんか。

カヤン・タワー

このキラキラ輝く銀色の カヤン・タワー(Cayan Tower)は、いわゆる典型的な高層ビルとは違います。巧妙な建築工学を体現したこの構造物は上昇するにつれて90度ねじれていきます。この75階建の豪華アパートは、各階毎に1〜2度ずつひねりが加えられ、独特な螺旋状の形状を作り上げています。ブルジュ・ハリファ(Burj Khalifa)を実現させた設計事務所であるスキッドモア、オーウィングス&メリルが現地の建築専門会社のハティブ&アラミ・ドバイと提携してが設計を施しました。現地の写真家直伝の写真撮影のヒントをご紹介しましょう。 マリーナ・ウォーク(Marina Walk)の向こう岸から、この印象的な建造物の絶景をご覧いただけます。日没時に向かい、今までに見たことのないような黄金に輝く建造物を撮影しましょう。

ドバイ・ウォーター・カナルの橋

 ドバイ・ウォーター・カナル(Dubai Water Canal) は、オールド・ドバイ のクリークからビジネスベイまでアラビア湾に向かって弧を描きながら流れる全長3.2kmの水路です。この水路が延長したということは、首長国の大部分が事実上、島となっていることを意味します。この地域の5つの歩道橋から新しいスカイラインの眺めをご覧いただけ、どの歩道橋からも同じように印象的な景色をお楽しみいただけます。メタルケーブルで吊り下げた120mの長さの橋、ドラマチックな楕円形のアーチの形をした独特なS型の橋そしてスチールをねじらせた形状の橋があります。

グリーン・プラネット

グリーン・プラネット(The Green Planet)は建築物の内側も外側にも驚かされます。3,000を超える動植物が生息する豊かな緑が生い茂る屋内熱帯雨林、この革新的な名所は、砂漠の制御した環境内で熱帯の生態系を紹介します。この雨林はガラス張りのシリンダーで囲まれ、中心に世界最大の人工樹木を配置しています。また周囲を囲むバイオドームは、近代的なアラビアのカリグラフィーを取り入れた、折り紙を折ったような立方体をしています。この街に新しい命を吹き込む受賞歴を誇る建造物です。

ワフィ

古代エジプトから着想を得た様式で設計されたワフィ(WAFI)は、現在と過去を融合させ、ドバイの新しくそびえ立つ超高層ビルの中でもひときわ目立つ建築物となりました。このコンプレックスは、300を超える店舗、様々なレストラン そして近代化したピラミッドの形状をした18建ての5ツ星ホテル、ラッフルズ・ドバイ(Raffles Dubai)を擁しています。夕方には、この建造物の頂点に照明が施され、夜空に異彩を放ちます。モール内部は、職人達が手掛けた製品やユニークなお土産物が所せましと並ぶカーン・ムルジャン・スーク(Khan Murjan Souk)や手描きのステンドグラスの天井が注目を集めています。

モスク・オブ・ライト

建築家のスマヤ・ダバフ氏が設計したアル・クオズ(Al Quoz)地区のモスク・オブ・ライト(Mosque of Light)は、三角形の開口部で構成されたエレガントなパターンが特徴です。イスラム教の伝統的なマシュラビーヤ にヒントを得たこのミニチュアの窓からは、内部に光が差し込み、ドラマチックな効果を生み出しています。 現代的なモスクは礼拝者のみに開放されていますが、近隣にいてもその真珠のような白い外観を眺めることができます。イスラムの伝統についてもっと知りたいという方は、シェイク・ムハンマド文化理解センター(Sheikh Mohammed Bin Rashid Al Maktoum Centre for Cultural Understanding)のガイドツアーをご予約ください。

常に最新情報を入手しておきましょう

ドバイでやるべきことの最新情報を入手

提供する全情報は当機関のプライバシーポリシーに従って処理されます。