これがあなたへおすすめの厳選項目です!

アカウントにログインしたり、作成してお気に入りを保存して、あなたに合わせた個別のお薦め情報を受信しましょう。

ログイン登録

ログインして「いいね」する

この内容を「いいね」するためにログインまたは登録

ログイン登録

サステナビリティ

ドバイで環境に優しく生活する方法

Tue, April 19, 2022

エコフレンドリーに配慮した選択をして、これらの簡単なヒントに従って二酸化炭素の排出量を削減しましょう。

エコフレンドリーに配慮した選択をして、これらの簡単なヒントに従って二酸化炭素の排出量を削減しましょう。

1

エコフレンドリーなホテルに滞在する

ドバイのホテルの多くは、よりサステナブルな取り組みをしていますが、二酸化炭素排出の削減に重点を力を注いでいるホテルもあります。例えば、ジェベルアリ(Jebel Ali)のJAザ・リゾート(JA The Resort)は 太陽熱温水器を使用し、自家栽培で農産物を育て、灌漑用水の多くを利用するといった様々な取り組みを行っています。その他の称賛に値するサステナブルなホテル にはエネルギー消費と使い切りのプラスチックの削減に取り組んでいる アナンタラ・ザ・パーム(Anantara The Palm) 、排水の再利用とスタッフに可能な限り持続可能な食材を調達させることにより、グリーン成長認証を取得したビジネスベイのシュタイゲンベルガーホテルなどがあります。また、アンダーズ・ドバイ・ザ・パーム(Andaz Dubai The Palm)はGCAF (グリーン・コンテナ・アドバンスド・ファーミング)と提携し、敷地内にコンテナ農場を設置し、水耕栽培による自家栽培の野菜の収獲をしています。

2

別の移動手段を考える

ドバイにいる間、環境に優しい 公共交通機関での移動を考慮しましょう。例えば、ドバイメトロ は環境維持の最高基準を満たすように設計されており、有害な二酸化炭素排出(CO2)量を削減しています。エコに配慮しながら旅に出たいなら、イェティカーレンタル(Yeti Car Rental)やVIPカーレンタルなどのレンタカー会社でテスラなどの電気自動車を選びましょう。都市全土には数多くの電気自動車の充電ステーションがありますから、旅の途中での充電が驚くほど簡単だと実感されることでしょう。 また市内に数多くある 歩道 を利用したり、自転車をレンタルしたり、eスクーターに乗ったり(使用許可証がある場合)、専用の サイクリングトラックを走りながら都市観光を楽しみましょう。 

3

サステナブルに調達されたお宝を手に入れる

最もエコフレンドリーな買い物方法は、既存の製品にもう一度チャンスを与えることです。幸いにも、街にサステナブルなファッションを持ち込もうとする動きが活発になってきています。ガーデローブ(Garderobe)やリトールド(Retold)から始めてみましょう。ここでは世界有名ブランドで以前に気に入っていた衣類、靴、バッグ、アクセサリーなどを見つけることができます。また、UAEはオールシングスモチ(All Things Mochi)、ケイトチャド(Kate Chad)、 ザ・ギビングムーブメント(The Giving Movement)、 ノマディック・ステイト・オブ・マインド(Nomadic State of Mind)などのサステナブルでスローファッションのレーベルも数多くあります。これらのレーベルやその他のブランドの数々を独立系ブティックやソース(Sauce)などの地元の小売店で見つけることができます。

4

地元で育った美味しい食べ物を味わう

 ハイテク農法 でドバイで最高の食材が現地で栽培されるようになり、地元のシェフはその利点を最大限に生かしています。国際金融センター内のボカ(BOCA)などのレストランは、地元の食材にこだわった廃棄物ゼロのお食事を提供しています。またアルクオズ(Al Quoz)地区のカセット(Cassette) は地元農家からの 旬の食材の使用を自負しています。レストランに入ったら、環境を意識して必要なものだけを摂りましょう。使い捨てのカップやプラスチックの蓋がなくても構わない場合は、そう言いましょう。プラスチックを使用しない サム・オブ・アス(Sum of Us) などのカフェは、再利用カップを持参した場合、コーヒー代から10%割引をして、エコに意識した顧客に対応しています。 地元農家 もライプマーケット など毎週開催されるマーケットや食料品店に農産物を供給して、地元住民や観光客が日々の生活において責任ある消費を奨励しています。

5

ドバイの野生空間で自然をたたえる

保護区域を訪れ、ドバイの自然の生息環境について学びましょう。何か新しいことを体験するだけでなく、自然保護への取り組みに貢献することができます。例えば、ドバイ砂漠保護区(Dubai Desert Conservation Reserve)や アル・マルムーン砂漠保護区(Al Marmoom Desert Conservation Reserve) は絶滅危惧種や威厳に満ちたアラビアンオリックスなどの砂漠に生息する動物にとっての安全な聖域となっています。 動植物を保護するためにアクセスは管理されていますので、 プラチナム・ヘリテージ(Platinum Heritage) などの信頼のできる代理店のツアーを予約するか、エコフレンドリーな砂漠のリゾートでの滞在をご検討ください。 何千羽もの鳥が生息する保護湿地 、ラスアルホール野生生物保護区(Ras Al Khor Wildlife Sanctuary) へ立ち寄られることもお忘れなく。

6

都市全土に設置されているリサイクルボックスを使用する

ドバイはすべての地区のモール、ビーチ、ホテル、その他の公共空間にリサイクルボックスの設置をするネットワークを広げていっています。この取り組みは、定期的に収集されてる缶、プラスチック、紙ごみを安全に処分する最も便利で最適な方法です。どこへ行けばいいのか分かりませんか?最寄りのガソリンスタンドへ行ってみましょう。便利なリサイクルボックスが設置されています。  ガラス、電気製品、衣類など、あまり一般的でないものを処分されたい方は、アル・マナラやカラマパークのオアシスプロジェクトなど、市内にある大規模なリサイクルの拠点に向かってみましょう。

7

過去から学び、未来を見つめる

アルファヒディ歴史地区(Al Fahidi Historical Neighbourhood,)周辺を歩くと、日陰の中庭を囲むように数多くの伝統的なアラビア式の風の塔を目にすることでしょう。これらの塔は何世紀もの間、暑い夏の季節に建築物の維持に役立ってきました。建築物は古いかもしれませんが、世界中の建築物にインスピレーション を与え続けています。我々の環境と調和を取りながら生活をするのは難しいですが、ドバイは同首長国初の実質ゼロ排出開発地区のザ・サステナブルシティや、ドバイ電力・水庁のイノベーションセンター(Innovation Centre)などの取り組みから答えを見いだしています。 もちろん、エキスポ2020ドバイの サステナビリティディストリクトは世界中の革新的な環境に優しいソリューションの紹介に力を注いでいます。

8

浄水器ステーションでの補充と補給

現在、プラスチック廃棄物は地球が直面する最も重要な問題のひとつです。2022年に立ち上げられたドバイキャン(Dubai Can) はサステナビリティに向けた取り組みのひとつで、意識する文化を作り上げながらコミュニティ内でのプラスチック製ボトルの使用を削減することを目的としています。都市全土の主要な観光名所に数ヵ所の浄水器ステーションが備えられ、安全で純粋な飲料水を完全無料で地元住民や観光客に提供しています。地元企業やホテルもこの運動に参加し、敷地内、家庭、屋外でも再利用可能な浄水器を通した水の使用へ切り替えています。

常に最新情報を入手しておきましょう

ドバイでやるべきことの最新情報を入手

提供する全情報は当機関のプライバシーポリシーに従って処理されます。