これがあなたへおすすめの厳選項目です!

アカウントにログインしたり、作成してお気に入りを保存して、あなたに合わせた個別のお薦め情報を受信しましょう。

ログイン登録

ログインして「いいね」する

この内容を「いいね」するためにログインまたは登録

ログイン登録

食べ物と飲み物

「世界のベストレストラン50」のMENA版に選ばれたドバイのレストランを一挙紹介

Tue, February 8, 2022

「世界のベストレストラン50(World's 50 Best)」が公開した第一回中東&北アフリカ(MENA)のベストレストランの中から、ドバイでは16軒の輝かしいレストランが入賞しました。ここではその受賞レストランをご紹介します。i

「世界のベストレストラン50(World's 50 Best)」が公開した第一回中東&北アフリカ(MENA)のベストレストランの中から、ドバイでは16軒の輝かしいレストランが入賞しました。ここではその受賞レストランをご紹介します。i

1

スリーフィルズ

ジュメイラ・フィッシング・ハーバーにあるスリーフィルズで、上品かつカジュアルなお食事体験をご堪能ください。受賞歴を誇るこのレストランは、海の眺めと素朴な港の雰囲気を楽しめるドバイのおすすめレストランのひとつです。和食の影響を受けたモダンなアジア料理として、サーモンのカルパッチョ、和牛、寿司、タコのグリルなどの絶品の一皿などがメニューに並びます。
2

ズマ

DIFCというドバイの中心地に位置するズマは、ドバイで最も人気の高級レストランとしての地位を長年維持しています。伝統的な和の風味とモダンな調理法を取り混ぜています。銀鱈の味噌マリネ、チリのシーバス、ボストンロブスターなど和食の古典料理を提供するズマは、期待以上のお食事と雰囲気を生み出す評判のある、多数の受賞歴のあるレストランです。
4

トレシンド・スタジオ

シェフのヒマンシュ・サイニは高級ダイニングスポット・トレシンドスタジオでの複雑な盛り付けそして巧みにスパイスを操る特性メニューで、ストーリーを作り上げています。本店のトレシンド(Tresind)レストランから離れた隠れたドアの後ろに佇むこの知る人ぞ知るたまり場は、一度に18席しか利用できず、数時間かけて劇的に展開される贅沢な料理をお楽しみいただけます。斬新でインスタ映えのする料理は見た目だけでなく味も絶品で、季節毎にテーマが変わりますので、ファンたちを退屈させません。本格的な食通にはたまりません。
6

オーファリ・ブラザーズ・ビストロ

3人兄弟が抱くひとつの夢。オーファリ―(Orfali)兄弟の「ビストロノミー」では、兄弟たちの料理への情熱を反映したお料理をご提供できることを誇りとしています。シシュ・バラク・ア・ラ・ギョーザ(中東風にアレンジした牛肉餃子)、サーモンの味噌とクリーミータヒニ添え、そしてウームサラートリジャス(スパイスを効かせたスペイン風フレンチトースト)など人気料理を始めとしたメニューの全てをトライするために何度も足を運んでみたくなるでしょう。また、地元の農業を支援しているので、メニューには地場産の農産物を採用しています。
8

LPM

おそらくドバイで最高の正真正銘の絶品フレンチであり、南フランスへ行ったかのような気分になります。これは、DIFCゲートビレッジにあるLPMレストランについて、多くの人が語る言葉です。ニース生まれのフランスのカフェチェーン姉妹店であるこの上品なレストランは、開店以来数々の賞を受賞していますが、お食事をいただけばそれも納得されることでしょう。フレンチと地中海料理のフュージョンを取り入れ、イタリア料理からも着想を得たニース風のお料理を中心に揃えています。
10

ガイア

ホスピタリティグループであるブルドーザー(Bulldozer)のエフゲニー・クージンと、有名シェフのイズ・アニによるコラボレーションで誕生したガイア(GAIA)は、ありとあらゆるものがギリシャで統一された祝いの場です。前菜の気分が爽快になるスイカのサラダ、ナスの燻製のメリジャノサラタ、つるむらさきの詰め物、焼きフェタチーズなどの前菜はテーブルを和ませ、お好みの調理法で調理される魚料理、ロブスターパスタ、ラム肉のカツレツ等のメイン料理をさらに引き立てます。グループでのお食事なら、まさに魔法がかかる場所、厨房横の下階のシェフのテーブルの予約をお勧めします。
11

イル・ボッロ・トスカン・ビストロ

イル・ボッロ・トスカン・ビストロ・ドバイは、1,000年もの伝統を誇る料理に現代的な解釈を加えたトスカーナの味を中東にお届けしています。サルバトーレ・フェラガモの息子がレストラン業を始め、フェルシオ・フェラガモが家族経営を多様化するためにドバイでレストランをオープンしました。今回はトスカーナ州から着想を得ました。
13

コヤ

南米のエキゾチックな風味と賑やかな雰囲気が漂うドバイでも指折りのエキサイティングなレストラン、コヤ(COYA)はロンドンでのオープンから2年を経て、ドバイのダイニングシーンで注目を集めています。受賞歴を誇るペルー料理レストランの メニューはタコス、串料理、刺身など南アメリカの伝統料理にダイナミックなひねりを加えたあふれ出す風味をお楽しみいただけます。 

16

リーフ・クシヤキ

ズマなどの有名店でのキッチンパフォーマンスで有名となったリーフ・オスマンが独立し、リーフ・ジャパニーズ・クシヤキ(Reif Japanese Kushiyaki)で喝采を浴びています。ジュメイラ地区のダル・ワスル・モール(Dar Wasl Mall)にあるこのカジュアルなダイニングスポットは、シンガポール風のストリートフードを提供しています。そして味は絶品です。 前菜のスズキの刺身、贅沢な産地直送の和牛「サンド」、絹のように滑らかな自家製ラーメン、そしてボリューム満点のスズキの炊き込みご飯など、なにもかもオーダーしたい気分になるでしょう。全部オーダーしても後悔しませんよ。
18

トレシンド

インド料理について知りうる全ての知識と想像を絶する料理をミックスさせて、トレシンド(Trèsind)哲学への理解を始めましょう。シェイク・ザイド通り(Sheikh Zayed Road)沿いに佇む上品なヴォコ・ホテルにあるこの高級人気店のメニューは、すべてがおしゃれで深みが感じられるお料理をお楽しみいただけます。創造性にあふれるシェフ、ヒマンシュ・サイニが腕を振るいます。
20

ミミカクシ

ジュメイラ・ビーチ(Jumeira Beach)のフォーシーズンズ・リゾート・ドバイ(Four Seasons Resort Dubai)内のレストランビレッジにあるミミカクシ(Mimi Kakushi)は、近隣のコヤ(Coya)やヌスレット(Nusr-Et) などの有名レストランと肩を並べる素晴らしいレストラン。店内に足を踏み入れると、まるで他の世界に移動したような気分になることでしょう。ふんだんに取り入れた木目の内装、ヴィンテージ風の塗装、そして観葉植物があちこちに置かれた空間が家庭的な雰囲気を醸し出し、ジャズのサウンドトラックからノスタルジックな曲が流れ、オープンキッチンではシェフのこだわりの料理に腕をふるいます。
23

ルーヴェ

おしゃれなオープンキッチン、シンプルな美学、そして中央に配された薪ストーブにあらわれた調理スタイルの神髄をお見逃しなく。メニューにさっと目を通すだけでは、そのエッセンスを見逃してしまうかもしれません。驚くほど創造力豊かな取り合わせの素晴らしい料理は様々な味わいとジャンルにおよび、また来店したいと思わせてくれます。また、ルーヴェ(Lowe)はメニューの残り物を使った独創的なメニューで最もサステナブルなレストラン賞も受賞しています。 
29

アマゾニコ

この活気溢れるレストランは驚くほど人気があり、話題も盛りだくさんです。このジャングルを思わせる装飾はまるで熱帯雨林にいるかのよう、アマゾン川に沿って旅をしている気分にさせてくれます。このレストランの見た目と同じく、お料理も絶品です。寿司メニューもありますが、カエルの足のフライからじっくりと煮込んだショートリブなどクリエイティブなラテンアメリカ料理がずらりと揃えています。
 
33

BBソーシャル・ダイニング

このキュートなスポットでは退屈さが無縁です。このクールなDIFCのレストランのお料理は一流の料理人の頭脳が生み出したもので、バオ(包)、軽食、ボウル、バーベキュー料理が揃ったメニューは超独創的でクリエイティブ、そしてクールです。枝豆のフムスからソフトシェフクラブバオまで、どのお料理も味わいがあり、手間暇をかけたものばかりです。カツサンド、そしてデザートファンにはたまらないバオドーナッツをお見逃しなく。
35

インドシナ

DIFCで指折りのクールなスポット、インドシナはジャングルを思わせる植物とシックなバイブが特徴的です。店内には落ち着いた雰囲気のラウンジ、テラスそしてシックなダイニングスペースが広がります。1984年にニューヨークで設立したフレンチ・ベトナム料理のレストランは2019年後半にドバイでオープンして以来、人気を博しています。お料理は冒険心に溢れていますが、そのリスクが功を奏しています。カフィルライフとレモングラス風味のエスカルゴ、ベトナム風ラビオリ、ラム肉の チャーシュー 、またはデザートにカリカリバナナのフライをお見逃しなく。

44

ホウセキ(宝石)

ブルガリ・リゾート(Bvlgari Resort)内にあるこのレストランは、木製カウンターにわずか9名しか並ばないアットホームなお店で、まさに本格的な和食体験をご体験いただけます。注目すべきは、何といっても複数のコースを用意した刺身料理。シェフが当日の獲れたての魚を見定めたネタと、おろしたてのわさびと一緒にご堪能ください。東京へ行く手間を省きたい、本格的な食通のためのお店と言えるでしょう。

常に最新情報を入手しておきましょう

ドバイでやるべきことの最新情報を入手

提供する全情報は当機関のプライバシーポリシーに従って処理されます。